プロ野球代表「侍ジャパン」、台湾代表と復興支援試合を開催

share

会見に登場した秋山監督と阪神新井内野手


侍ジャパン選出選手に贈呈されるオナーピン

日本野球機構は26日、東日本大震災復興支援ベースボールマッチとして、3月10日に侍ジャパン(プロ野球日本代表)対プロ野球台湾代表の試合を行うと発表した。大会はプロ野球12球団が主催し、コナミが協賛する。同日に社会人選抜対大学選抜の試合も予定しており、いずれも東京ドームで行われる。侍ジャパンの監督は、昨シーズン日本一となったソフトバンクの秋山幸二監督。代表選手には昨シーズンタイトル獲得者を中心に24人が選出された。

発表記者会見には秋山監督と阪神・新井貴浩内野手が登壇。秋山監督が代表選手について「これから先、可能性のある選手を選んだ。若さ溢れる野球を見せたい」と語ったとおり、楽天・田中将大投手や、日本ハム・斎藤佑樹投手らも代表選手に選ばれた。

プロ野球日本代表は、これまでサッカー日本代表のように1年を通して活躍する代表チームがなく、WBCなど大会開催時にのみチームが組まれていた。今後は「侍ジャパン」というチーム名のもと、今回のように、さまざまなイベントで年間を通してチームとして活動していくこととなった。

また、代表選手には今回より、「侍ジャパン・オナーピン」が贈呈される。今後、侍ジャパン選出の度にピンバッジの形を変えて贈呈され、ピンバッジ所有数が選出回数を示すステータスシンボルとなる。

試合には被災者1万2000人を招待。大会終了後には「侍ジャパン、チャリティーオークション」として、メンバーが着用したユニフォームに直筆サインを入れ、インターネットオークションに出品、売上金全額と、大会収益金の一部を義捐金として被災地に寄付する。

『宣伝会議』2012年1月15日号
 巻頭特集:各社のソーシャルメディア活用100事例も紹介! 成果のあったWEB企画 仕掛けた100人
この1年で企業のWEBマーケティングはますます進化を遂げ、ツイッター、フェイスブックなどソーシャルメディアの活用は定番化しつつある。今回の特集では、その中でも話題を集め、成果を出した100社のソーシャルメディア活用事例を一挙に紹介。

Amazon.co.jpで買う
宣伝会議.comで買う

Follow Us