ハーゲンダッツの世界観を6人のアーティストが表現

share

ハーゲンダッツ ジャパンは、新商品「チョコレートブラウニー」の発売に合わせて、国内外の6人の著名アーティストとのコラボレーションキャンペーン「Haagen-Dazs the Sweetest Art」を27日に開始する。

ハーゲンダッツの人気フレーバー「バニラ」「ストロベリー」「グリーンティー」「クッキー&クリーム」「マカデミアナッツ」、そして27日に新発売の「チョコレートブラウニー」をテーマに、6人のアーティストがそれぞれの個性や専門性を発揮した作品を作り上げる。

参加アーティストは、フォトグラファーのレスリー・キー氏、フラワーアーティストのニコライ・バーグマン氏、プロダクトデザイナーの佐藤オオキ氏、イラストレーターの松尾たいこ氏、アートディレクターの清川あさみ氏、ファッションデザイナーのケイタマルヤマ(丸山敬太)氏。

作品とそのメイキングストーリーは、キャンペーン開始に合わせてリニューアルされる同社の公式サイトで順次公開される。27日に公開されるレスリー・キー氏の作品を皮切りに4月末までに全6作品が出揃う予定だ。

キャンペーンではこのほか、各アーティストからの特別なプレゼントが当たる参加型企画も予定されている。


Follow Us