コラム

ブラジルADカーニバル

変わらないために変わり続ける

share

このコラムも今回で最終回となりました。ブラジル、ニューヨーク、日本での経験を書かせて頂きましたが、結局はどこにいても同じことをしている気がします。それは「変わらないために変わり続ける」こと。この業界にいる方々にとっては当たり前のこと、でもとっても難しいです。

経験を積めば積むほど、功績ができればできるほど、変わることは難しくなります。変わらざるをえない状況でも変わることは難しいのに、能動的に自ら変わることは勇気と行動力と責任が要ります。本当に難しいです。前例がないのは当たり前。規則が追い付かないのも当たり前。誰も教えてくれないのも当たり前。私達の仕事は目の前に道のないところに道を作ることですから。

それはもしかしたら、海外にいる方が簡単なのかもしれないと最近思います。周りの環境が変われば、自分は変わらざるをえない。すごいスピードで変われます。でも日本にい続けて、日本人のマーケットをターゲットにしつづけていると、自分が変わらなければいけないという機会を自ら作るのは難しそうだなぁと。こんなに時代の流れが速くなった今、変わらなければいけないスピードは加速し続けていると思います。これから、ますます速いスピードで変わり続けてやっと「変わらないこと」になるなんて、この業界はどんなに大変な時代を迎えるのでしょう。
今年入社した新卒ちゃん達、これから働く若者達、頑張れー!!

このコラムを書かせて頂いて、発見だったのは、まだ世の中の目はブラジルに向いていないということ。やっとロンドンに向いてきたところでしょうか。日本のコミュニケーションでも、ちらほらオリンピックものがでてきましたね。

MARY QUANT

MARY QUANT

ミニ・ロケットマン

オリンピック仕様のミニ・ロケットマン

ロンドンの4年後にオリンピックを迎えるブラジルはというと、コミュニケーションはまだまだですが、ビジネスは注目を集めています。

macy’s

ブラジルのルセフ大統領はに3800億円超の公共投資支援策を発表。
アメリカの巨大小売、macy’sも進出にむけて動き出したり、ブラジルの自動車4大メーカーであるフィアット、ワーゲン、GM、フォードがマーケットシェアを落としている中、日産/ルノー連合がシェアを拡大し、4位のフォードを追い越したりなど、明るいニュースが飛び込んできます。

オンラインも急速に進み、フェイスブック「ユーザー数が4634万人となり、アメリカに次ぐ世界第2位になったと米Socialbakersが発表。また、米Cisco Systemsの世界13カ国(イタリア、インド、英国、オーストラリア、スペイン、中国、ドイツ、日本、ブラジル、フランス、米国、メキシコ、ロシア)のさまざまな企業のIT担当者に向けた調査によると、既にクラウドを使用あるいは計画していると回答したのは、ブラジル(27%)、ドイツ(27%)、インド(26%)、米国(23%)、メキシコ(22%)で、今後さらにブラジルや中国、インドではクラウドの導入が加速すると予測している。ちなみに日本は7%で、ロシアが3%。

ビザ切り替えの為に日本に一時帰国しているのですが、久しぶりに日本で働きだしてやっぱり実感してしまうのは、限られた情報しか自然に入ってこないことです。島国だし日本語だし、しょうがないのだけれども、自分がほしい情報は自分から取りに行かない限り、入ってこない。英語で探せば簡単に見つかる情報も日本語だとなかなか見つからないということが多いです。

ここで誤解を招かないように気をつけたいのは、単に「海外がすばらしい」と言っている訳ではないということ。日本には日本にしかない、歴史や文化など、仕事を含めてけがえのないものをたくさん持っていて、それは大切に守り続けて、誇りに想って、海外にそのまま発信していきたいと思います。それをするために日本以外のことを知らなければならない、というだけ。

英語と日本語では絶対数的数が違う。だから、世の中に影響力のあるフェイスブックやAppleやAndroidが生まれやすい環境にあるというだけ。英語が日常と言うだけで、アメリカにいると、Ad Ageが毎週デスクに届く。フェイスブックのF8会議に参加している同僚がいる。アメリカ以外の最先端のコミュニケーションの情報もタイムリーに届く。新作映画が一番に見られる。などなど、特典が多すぎると思います。ただそれだけなのに、ただそれだけ、が日本にいるとやっぱり大きなことだったんだって実感します。勝手に入ってくる情報は閉鎖的なものが多く感じます。テレビのニュースでもほとんどが国内のニュース。レバ刺し食べられなくなるのが大ニュース。先週末始まったカンヌの情報でさえも自分から取りに行かないと、細かい情報まではいってこない。日本にいるとネットサーフィンして、偏りのない情報を取りに行くことが、大切な仕事の一部な気がします。日本にいる方がチャレンジですね!

さて、今回「変わらないために変わり続ける」ひとつとして、宣伝会議さんのお手伝いをさせて頂きました。モメンタム ワールドワイドのサンパウロオフィスのクリエイティブチームが7月1日発売のブレーン8月号の表紙デザインをしましたー。ブレーンは日本語の雑誌なので、もちろんサンパウロのクリエイティブはブレーンを知りません。季節も逆の中、各クリエイティブチームが社内コンペをして選ばれたデザインとは?!是非皆様、本屋さんでお手にとってみて下さい。ブラジルの風を感じるはず!!

まだまだブラジルも人生も新米の私にお付き合い頂き、ご愛読頂きました皆様、有難うございました。美しい日本語も書けず、文章力もない私がこのような機会を頂けて、大変勉強になりました。

今後また、世界のどこかでお会いできるのを祈って。
杉野恵美

※連載「ブラジルADカーニバル」は今回で終了です。ご愛読ありがとうございました。

杉野恵美「ブラジルADカーニバル」 バックナンバー

もっと読む

Follow Us