渋谷に登場、人の動きを真似する「マリオネット型ロボット」

share

Marionettebot

ユナイテッドアローズ「UNITED ARROWS green label relaxing/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング」は、渋谷マークシティ店ショーウインドーにて店頭イベント「Marionettebot 恋するマリオネット」を開催中だ。このイベントでは、これまで動くことがなかったマネキンがインタラクティブなマリオネット型ロボットとして生まれ変わり、道行く人を驚かせている。

ショーウインドーの中に吊るされたのは、男女のマリオネット。その前に立ち、体を動かすと、マリオネットも同じように動きだす。男女2体のマリオネットを同時に操作すれば、相性診断もできる。このマリオネットにはKinectセンサーが備えてあり、それが人の体の動きを瞬時に感知。マリオネットのボディに繋がれた8本のワイヤーがモーター制御によって上下に動き、体の動きをリアルに再現するという仕組みになっている。マリオネットの造形を手がけたのは、特殊メイク・特殊衣装・特殊造形アーティストである松岡象一郎氏。

また、イベント開催に合わせ特設サイト、スペシャルムービーを制作した。オンライン・オフライン相互でイベントを盛り上げていくことで、ターゲットとなる生活者のSNSでの情報共有を促進し、ブランド認知拡大を図る考え。

イベント開催は、11月18日25時まで。


サイトで公開されているスペシャルムービー。閉店後の深夜に繰り広げられる、ふたりのマリオネットの物語。

イベント・ウェブ・スペシャルムービー制作

広告会社: TBWA\HAKUHODO 
制作会社:太陽企画、ライゾマティクス
企画+CD: 佐藤カズー
AD: 清水克弘
企画+インタラクティブプランナー: 小山田幸子
企画+コピー: 石下佳奈子
プロデューサー: 江口航治、栃原啓孝、武井寿幸(ムービーのみ)
マリオネット制作:松岡象一郎



Follow Us