1:1000サイズの都市模型に超極細プロジェクションマッピング 六本木ヒルズ10周年記念サイトオープン

share

六本木ヒルズはオープン10周年を記念して、特別サイト「TOKYO CITY SYMPHONY」を4月23日にオープンした。森ビルが所有する東京の1:1000サイズの都市模型に、3Dプロジェクションマッピングを実施。ユーザーは映像を音と共に操作し、東京の街を演奏するかのようなインタラクティブ体験ができる。

TOKYOCITYSYMPHONY

六本木ヒルズ10周年記念サイト「TOKYO CITY SYMPHONY」

映像には、未来都市をイメージした「FUTURE CITY」、さまざまなカルチャーアイコンが登場する「ROCK CITY」、花鳥風月のモチーフを多用した「EDO CITY」の3つのテーマがあり、ユーザーは好きなテーマを選択し、PCのキーボードをタッチして自分のオリジナルの曲を制作できる。作られた曲は、他のユーザーの制作した曲とつながってひとつの長大な「TOKYO CITY SYMPHONY」となっていく他、自身のFacebookページなどでもシェアされる。

六本木ヒルズ10周年のテーマは「LOVE TOKYO」。東京をもっと魅力的で、世界に誇る都市として発信していくためのさまざまなキャンペーンを予定しており、「TOKYO CITY SYMPHONY」もその一環として発表された。企画制作は博報堂とバスキュール。クリエイティブディレクターは大八木翼氏、演出はTAKCOM氏が手がけた。



Follow Us