資生堂と電通リテールマーケティングが店頭メンテナンス行う子会社を設立

share

資生堂は、電通リテールマーケティングと、店頭メンテナンス機能を担う新会社ジャパンリテールイノベーションを7月に設立すると発表した。

新会社では、資生堂販売が行っている営業活動のうち、店舗への訪問業務(商品情報の提供、商品の売れ行き動向などの情報交換、店頭施策展開の状況確認など)や店頭メンテナンス業務(取扱商品のクリンネスや陳列棚の清掃作業、季節ごとの棚替え、プロモーションなど店頭施策に関わる販促物の組立・貼付作業、店舗の新規開店・改装・閉店時の商品陳列や撤去作業など)などを行う。

今後は、資生堂が培ってきた組織流通業に対する営業活動のノウハウと、電通リテールマーケティングが保有するデータベース及びデータ分析のノウハウを最大限に活用し融合することで、組織小売業に対して、顧客特性や購買動向に基づく店舗全体を俯瞰した効果的な売場づくり提案や、より効率的な店頭メンテナンス業務を行うとしている。

高い専門性による店頭活動の強化。国内化粧品市場における競争力と営業力の向上を図り、国内化粧品の売上拡大を目指す。同社の代表取締役社長には、現在資生堂で国内化粧品事業部 事業企画部長を務める 檜山 敦(ひやま あつし)氏が就任する。

新会社の概要

商号:株式会社 ジャパン リテール イノベーション
本店所在地:東京都中央区銀座7-5-5
設立年月日:2013年7月1日
主な事業:資生堂販売からの店頭メンテナンスなどの業務の受託

Follow Us