日本広報学会、会長にアサヒグループHDの荻田伍氏

share

日本広報学会会長に就任した荻田伍氏

日本広報学会は、11日に開いた2013年度年次総会で、役員の改選を行った。空席だった会長にはアサヒグループホールディングスの荻田伍会長が、また濱田逸郎理事長の退任に伴い、後任に淑徳大学経営学部の清水正道教授が選任された。

萩田氏は1965年アサヒビールに入社後、2000年に常務執行役員に就任。アサヒ飲料副社長、社長を歴任し、WONDAモーニングショットの発売や三ツ矢サイダーのリニューアルなどの実績から、2006年にアサヒビールの代表取締役社長に就任。2010年に同代表取締役会長に就任した。2011年からアサヒグループホールディングス代表取締役会長に就任。

清水氏は富国生命、日本能率協会、などを経て、淑徳大学経営学部教授に就任。企業などの組織における環境やCSRなどの事業活動を通したコミュニケーションや、広報(PR)活動における理論及び手法を研究している。

written by kouhoukaigi

Follow Us