コラム

原田朋のCHIAT\DAY滞在記 ~リー・クロウの下で365日~

アイデアの「大きさ」とは何なのか?

share

「メジャー」であることへの、CHIATのこだわり。

CHIATにその答えを聞いたなら、「大きなReal」だと答えるだろう。

たとえばCHIATは、クライアントの新しい企業活動を立ち上げ、その活動自体をコンテンツ化する方法をあみだしてきた。そしてそのコンテンツは、誰をも感動させ、あらゆるメディアに展開できる「メジャー・コンテンツ」であるべきだ、と考えている。

その中でも僕が好きなのは、カンヌで多部門の賞を受賞したGatoradeの“REPLAY”だ。15年前の高校アメリカン・フットボールの引き分け決勝戦の、再試合(REPLAY)を実現するというGatoradeの活動のドキュメンタリー。30代半ばになり体がたるみきってしまった元・プレイヤーたちが、決着をつけるために、Gatoradeを飲みながら、たるんだ体を鍛え直す過酷なトレーニングを耐え抜き、試合に挑む。これはシリーズ化してSeason2, Season3と続いている人気のメジャー・コンテンツとなった。リアルの試合観戦を真ん中に、TVCMだけでなく、Webムービーだけでもなく、番組にもなることで、幅広くアメリカ国民から愛されるコンテンツになった。

また、Nissan×Sony Computer Entertainmentの“GT Achademy”もエキサイティングなコンテンツだ。そもそも考え方がエキサイティング。レーシング・ゲームのトップ・ゲーマーたちを、なんと本物のレーサーにしてしまおうというプロジェクトを立ち上げたのだ。様々な選考と訓練をくぐり抜け、最終的に選ばれた一人のゲーマー=レーサーがプロとしてサーキットでデビューするのだ。REPLAYは2010年のカンヌプロモアクティベーション部門でグランプリ。GT Achademyは2011年のカンヌでブランデッド・コンテンツ部門のゴールドを受賞している。まだご覧になっていない方は、ぜひ、YouTubeでチェックしてみてほしい。

Realが問われる時代だから、企業のReal Actionをつくってしまおう。それをメジャー・コンテンツ化してあらゆるメディアに露出させてしまおう、という彼らCHIATの気概は屈強だ。彼らのすごいところは徹底して「メジャーであること」へのこだわりだ。過去にはAppleの1984、Think Differentを手がけ、今も数々のグローバル・ブランドを手がけているだけのことはある。そして、リー・クロウが言う「でかさ」とは、コンテンツの展開力だけじゃない。

CHIATオフィス
CHIATオフィスのいたるところに、リーのイメージが貼られています。

Follow Us