逆境を逆手にとったCMで、大分県が観光PR

share

大分県は、昨年制定した観光キャッチフレーズ「おんせん県」をPRするテレビCMの放映を9月4日から福岡で、15日から関西でも開始する。

同県は2012年8月に、市町村、地域観光協会、旅館ホテル組合、観光事業者、NPO法人などの協力も得て、官民協働で源泉数、湧出量がともに日本一を誇る温泉と食をPRすべく、「大分県ツーリズム戦略」を策定。「日本一のおんせん県 味力も満載」というキャッチフレーズを考案した。

今後の活用を見込み、また第三者による営利目的の登録を防ぐため「おんせん県」の商標登録を特許庁に申請したが、「他県にもあてはまる」ため認められなかった。さらに、有名温泉地を持つ他県から批判されるなど、新戦略はスタート早々、逆境に立たされてしまった。

そこで、あらためて「おんせん県」を話題にするべく企画されたのが「おんせん県って言っちゃいましたけん」というキャッチフレーズの新CMシリーズだ。制作は、電通九州。

「タレントなし!歌なし!CGなし!」のCMの主役は、県が自らキャスティングした地元の人たち。出身タレントやキャラクターなどは起用せず、「地元の方々の人柄の良さを通じて観光資源を見せていくことで、大分のことを好きになってもらう」という企画。

「おんせん県」のネーミングについて「うどん県のパクリじゃないよ。意識はしとったけど」と話したり、商標登録に失敗したことを逆手にとり「滑って転んで大痛県」という自虐ネタを披露する一方で、別府や湯布院などの温泉地や関サバ、かぼすなどの特産品もアピールする。

8月26日にインターネットにアップした新CMの予告動画は、わずか1週間足らずで再生回数が24万回に達し、特設サイトも開設。現在、全16タイプがネット上で公開されている。

予告動画



CMシリーズ総集編



制作
電通九州+ランニング+U2+写童団+スタジオイブ
CD
植原政信
コピー+企画+演出
左俊幸
PR+企画+演出+C
白澤龍一(ランニング)
PM
新川昌明、手島麻陽(ランニング)
撮影
古賀康隆
VE
横須賀辰徳(写童団)
音声
百代典由(U2)
オフライン編集
大田圭介、米村知晃(U2)
編集
百代典由(U2)
録音
松下和浩、日田涼子(U2)
車輌
政本洋平(スタジオイヴ)
出演+NA
大分県のみなさん
ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us