アディダス×パナソニック、本格トレーニングを体験できるスマホアプリをリリース

share


トレーニングプログラムは、4メニュー・10種類(各10分)を用意している。
公開時は「ジム&ラン」「パフォーマンス・トレーニング」の2種のみ提供。

アディダス ジャパンとパナソニックは20日、誰でも気軽に本格トレーニングを体験できるスマートフォン向けアプリ「adidas Training Academy×Panasonic Smart App」をリリースした(9月30日現在、Android用のみ。iPhone用は10月リリース予定)。

アプリでは、世界のトップトレーナーが監修した最新のトレーニングプログラムを供し、ユーザーはトレーニングの実施履歴を記録することができる。プログラムは(1)ジム&ラン、(2)パフォーマンス・トレーニング、(3)ダンス、(4)ヨガの4つのメニューを展開し、初心者から上級者まで幅広いレベルの人が取り組めるよう設計している。トレーニングプログラムの映像は、スマートフォンのほか、10月からはアクトビラ機能対応テレビで視聴可能になる予定。

さらに、パナソニック専用アプリ「パナソニックスマートアプリ Panasonic Smart App」と連携させることで、別売の体組成バランス計や活動量計で計測した体重や体脂肪、活動消費カロリーといった身体データを入力・管理することもできる。

両社はアプリを通じて、ユーザーのトレーニングの習得や健康管理をトータルでサポートしたい考えだ。

対応機種:Android OS 2.3.3以上(一部機種を除く)、iPhone iOS 5以上。

Follow Us