博報堂の若手社員500人に一気にOB・OG訪問できるWEBツール「平均博報堂社員」が公開

share

博報堂と博報堂DYメディアパートナーズ(博報堂DYMP)は26日、2015年度新卒採用活動の一環として、入社1~5年目の社員約500人の平均情報を使ったバーチャルOB・OG訪問ツール「平均博報堂社員」を公開した。

「平均博報堂社員」の顔は、男性社員373人、女性社員125人の顔を それぞれ合成して作成したもの。 声や名前も、社員のデータから導きだした平均値で生成されている。 男性社員の名前は浅川敏正(あさかわ・としまさ)、 女性社員の名前は塩谷美幸(しおたに・みゆき)。 入社して意外だったことは、「チャラい人が意外とすくなかったこと」。

博報堂と博報堂DYMPの若手社員498人(男性:373人、女性:125人)を対象に実施したアンケートの回答の平均値を算出、そのデータをもとにWEBサイト上に生成された架空の社員が、ユーザーの質問に答えてくれるというもの。

プルダウンメニューから質問項目を選ぶと、バーチャルOB/OGが、博報堂社員の平均的な回答を返してくれる。名前や身長・体重、住所といった属性情報だけではなく、仕事やプライベート、就職活動に関する質問項目も設けられている。

回答に付帯する情報も充実しており、例えば毎日のランチ代を聞くと、本社周辺ランチMAPが表示されたり、一日のスケジュールを聞くと、入社1年目社員9人の詳しいスケジュールが表示されるページにジャンプする。

昨年度に引き続き、採用広報全体を博報堂ケトルの木村健太郎氏が統括。「平均博報堂社員」の制作は、SIXの日野貴行氏、博報堂ケトルの畑中翔太氏、博報堂 第1プラニング局の宇佐美雅俊氏が担当した。

広告会社の仕事を、「社員それぞれが持つスキルを掛け合わせて人の気持ちを動かすこと」と定義づけ、「PEOPLE EXPERT(人のプロフェッショナル)」をコンセプトに採用活動を行う両社。今回の企画も、学生に「人」を通して両社への理解を深めるきっかけにしてもらいたい考え。

[過去の活動]
 ・博報堂が就活生140人の食事を補助!?
 ・フェイスブックだけじゃ物足りない!広告会社、新卒採用のキーワードは「生社員」


<平均値の算出方法>
■主な属性情報
・名前:社員の姓名を全国ランキングに照らし合わせ、平均値を取り命名
 ※順位は、日本ソフト販売「写録宝夢巣 Ver.17」の全国の姓名ランキングを参考
・外見(顔):男女合計498人の顔を合成して作成
・住所:都内在住社員の平均座標から算出
・SNS:社員のフェイスブックの友人の数、平均いいね!数をアンケートにて算出
・その他:年齢、生年月日、身長・体重
■仕事情報:アンケート回答の数字データを平均化、自由回答を抽出し作成
■就活情報:アンケート回答の数字データを平均化、自由回答を抽出し作成

Follow Us