制作物を楽しんでもらえなかったら、改善を繰り返す。デジタルにはある種の“あきらめの悪さ”も必要です。

Follow Us