「WEAR」バーコードスキャン機能中止へ

share

ファッションECサイト「ZOZOTOWN」運営のスタートトゥデイは8日、スマートフォン向けファッションコーディネートアプリ「WEAR(ウェア)」のバーコードスキャン機能を、4月30日で中止すると発表した。2013年11月8日から実施していた、商業施設「PARCO」渋谷ほか4店舗での「WEAR」試験導入も同日を持って終了する。店頭でバーコードを読み取る行為に懸念を抱く店舗やブランドに配慮した。「WEAR」は4月3日現在で200万ダウンロードを超えている人気アプリで、iPhoneとAndroidに対応している。

バーコードスキャン機能は、店頭で商品タグのバーコードを読み取ると、購入判断のための商品情報や、その商品のコーディネート画像などの情報を表示するもの。スキャンした商品履歴はアプリ内に保存され、友人間で共有したり、アプリを介してその商品ブランドのECサイトや「ZOZOTOWN」で買うこともできた。

機能中止についてスタートトゥデイ広報は、「バーコードを読み取る行為が、店内の撮影行為とまぎらわしかったり、『ショールーミング』(店頭で商品を確かめ、ECサイトで買う行為)につながるのでは、といった心配の声があった。より多くのブランドや商業施設の皆さまに WEAR を安心してご利用いただくため、今回の判断に至った」としている。

「ショールーミング」は価格競争の起きやすい家電製品などで課題となっているが、価格差の比較的少ないアパレルでは、売上げを圧迫しないと見る向きもある。

今後、同機能は店頭スタッフのみ利用できる仕様とし、接客時のコーディネート提案に活用してもらう考え。また、著名人やショップスタッフ、一般人の投稿によるコーディネート案を検索・閲覧できる「コーディネートレシピ機能」を拡充し、商品購入につながる情報提供を充実させていく。

Follow Us