そのスマホ写真、1000円で買います——UAが一夜限りの街頭撮影イベント

share

ユナイテッドアローズの新ブランド「EN ROUTE(アンルート)」は9月6日、専用スマートフォンアプリを活用した一般参加型の街頭撮影イベントを実施する。写真はリアルタイムで審査され、優れた作品は1000円でユナイテッドアローズが購入する。

「FASHION’S NIGHT OUT」で新ブランドの秋冬コレクション披露

ティザーサイト。イベントの様子はYouTubeのリアルタイム動画配信「YouTubeライブ」で視聴できる。

数々のブランドが華やかさを競う青山の夜、あなたもファッション・フォトグラファーに——。ユナイテッドアローズの新ブランド「EN ROUTE(アンルート)」は9月6日、専用スマートフォンアプリを用いた一般参加型の街頭撮影イベントを実施する。写真はリアルタイムで審査され、優れた作品は1000円でユナイテッドアローズが購入する。舞台は東京・表参道、青山、原宿エリアで、同日開催のショッピング・イベント「FASHION’S NIGHT OUT」(主催=雑誌『VOGUE JAPAN』)の一環。企画制作はPARTYが担当した。

撮影対象は「EN ROUTE」の秋冬コレクションをまとったモデル6人。参加者は専用アプリを頼りにエリア内を回遊するモデルを探し出し、ベストショットを狙う。審査員はユナイテッドアローズのクリエイティブディレクション担当上級顧問を務める栗野宏文氏や、「EN ROUTE」クリエイティブディレクターの沼田真親氏らで、購入枚数に上限はないという。

アプリで撮影できる写真は100枚までだが、ソーシャルメディアでシェアすると、撮影可能な枚数が30枚増える。メイン会場を訪れても枚数はチャージされる。写真が購入されたユーザーにはアプリに通知が届き、エリア内を巡る「キャッシャーマン」を見つけてタッチすると、それまでに獲得した報酬を現金で受け取れる。

参加者はエリア内を回遊する撮影対象のモデルを見つけ、専用アプリで撮影する(写真左)。写真が購入されたユーザーは、「キャッシャーマン」(写真右)にタッチすると報酬を受け取れる。エリア内にモデルは6人、キャッシャーマンは2人。それぞれ1人ずつセキュリティが付いており、安全性にも配慮した。

「EN ROUTE」は9月12日、東京・銀座に第1号店を出店する予定。ファッションとスポーツを軸に編集したセレクトショップで、ランニングステーションも併設する。ブランド名・ロゴ・店舗備品などの制作物全般のデザインは八木保氏、内装デザインはスキーマ建築計画、広告・Web・インスタレーションなどのデザインはPARTYが担当する。ユナイテッドアローズは「EN ROUTE」を、2022年度長期ビジョンの中で掲げた「次代の成長を担う新規事業の開発・育成による新たな価値提案」のための新事業と位置づけている。


「ユナイテッドアローズ」に関連する記事はこちら
「PARTY」に関連する記事はこちら

スタッフリスト

企画制作
PARTY
CD+C+企画
伊藤直樹
AD+D
寺島圭佑
アプリDEV
Mathew Fargo
企画+C
濱田小太郎
TD
林重義
サーバーエンジニア
村上守
PR+AE
高野公寛
映像制作
太陽企画
PR
相原幸絵
PM
堤麻理子、松本真理、眞田昌宏
D
ショウダユキヒロ
DOP
上野千蔵
照明
森寺テツ
音楽
小野雄紀
アプリ・イベント制作
BIRDMAN+TASKO+ラウンジ
ディレクター
金澤洋一
D
阿部欣彦
アプリDEV
コバヤシタケル、梶原洋平、白井大地
フロントエンドDEV
阿部啓太、川井隆典、盛岡真由美
システムDEV
元吉恒晴
ブロードキャスティングエンジニア
村田優也
メカニカルエンジニア
木村匡孝
プロダクトデザイン
林民夫
TASKOスタッフ
柘植芳之、坂田亮一、二村俊和
ハードウエアエンジニア
柳澤知明
イベントPR+ディレクター
串田研一
イベントディレクター
中沢宏光、下山リョウ
イベントアシスタントディレクター
溝口幸子

ECD:エグゼクティブクリエイティブディレクター/CD:クリエイティブディレクター/AD:アートディレクター/企画:プランナー/C:コピーライター/D:デザイナー/演出:ディレクター/TD:テクニカルディレクター/FLASH:flash制作/ME:マークアップ・エンジニア/PGR:プログラマー/EPR:エグゼクティブプロデューサー/PR:プロデューサー/PM:プロダクションマネージャー/AP:アカウントプランナー/MA:録音/ST:スタイリスト/HM:ヘアメイク/CRD:コーディネーター/I:イラストレーター/CAS:キャスティング/AE:アカウントエグゼクティブ(営業)/NA:ナレーター

Follow Us