伊藤忠商事、初の番組提供を10月11日から開始

share

伊藤忠商事は、今年6月から実施している企業広告シリーズの第2弾を10月からスタートし、同社初の番組提供を行うと発表した。

同社では、6月に新コーポレートメッセージ「ひとりの商人、無数の使命」を発表。同時に、スタッフの個の力にフォーカスした第1弾企業広告「ひとりの商人」シリーズを新聞紙上で展開してきた。10月から始まる第2弾は「無数の使命」シリーズと題し、チームやプロジェクトをテーマに、総合商社と生活者の接点を生活の風景から切り取るグラフィックを展開。総合商社である同社を身近に感じてもらえるようにするという。

ひとりの商人、無数の使命「東京の夜空」篇

同時に、同社初の番組提供およびテレビCMを開始する。TBSにて10月11日より放送開始するミニ番組『あきないのふうけい』の一者提供で、放送は毎週土曜21:54より2分間。コーポレートメッセージおよびステートメント(下記)の要素を取り組み、世界各地で商いを営んでいる人たちの様々な風景を、映像とナレーションでつづりながら、各人が抱いている使命を映し出すものになるという。番組終了後には、伊藤忠商事のCMが放映される。番組のナレーターは市川実日子さん、CMのナレーターは笑福亭鶴瓶さんが務める。

また、連動してスペシャルWebサイトもスタート。世界で活躍する商人たちの使命を集め、Webならではのコンテンツで「ひとりの商人、無数の使命」の体感・可視化を試みる。伊藤忠商事の事業と生活者の接点をとらえたドキュメンタリー写真を用い、事業をより詳しく体感でき、より愛着を深める狙い。世界地図の上で様々なコンテンツが広がる構造になるという。
ティザーサイトは10月6日公開、スペシャルサイトは10月下旬公開の予定。

「ひとりの商人がいる。そしてそこには、数限りない使命がある。
伊藤忠商事の仕事場は、この地球の上すべてです。国を超えて暮らしと関わり、
新たな生活文化を創り、ありとあらゆるものを力強く商っています。
そのとき忘れてはならないことは「その商いは、未来を祝福しているのか?」ということです。
私たちは、この世界に生きるすべての人の明日に貢献する企業として「豊かさを担う責任」を果たしていきたい。
商うことの先に広がる、生きることの豊かさこそが、本当の利益だと信じているからです。
これは、そういう、ひとりひとりの商人の使命と決意を表す言葉です。」
<参考・ステートメント>


「伊藤忠商事」に関連する記事はこちら

Follow Us