フェイスブック初 日本市場に向けたキャンペーンがローンチ

share

フェイスブックは、日本市場に向けたマルチメディアキャンペーンの第一弾として、10月17日より、テレビCM「あなたは誰かのともだち」、オンライン、屋外、交通広告、渋谷スクランブル交差点での世界初となる5つの屋外ビジョンを連携させた動画をローンチした。また、フェイスブック上でもコンテンツを展開している。

動画は日本市場に向け、日本で制作を行い、日本のカルチャー、人々、そして友情に紐づいたインサイトを形にしたという。カラオケボックスで友達の歌を盛り上げたり、病気の時におかゆを作ってあげたり、くだらないジョークに笑ったりと、親しみを感じさせるような友人関係を描く。

「あなたは 誰かのともだち」篇

企画制作を担当したのはワイデン+ケネディトウキョウで、同社のクリエイティブディレクター アダム・コッペル氏は「オーディエンスに直接語りかけ、彼らが自分自身の友人に思いを馳せるようなものにしたいと思った」とコメントしている。演出は第86回アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたザッカリー・ハインザーリング監督がを手掛け、ナレーションは俳優の勝地涼さんが担当した。


「フェイスブック」に関連する記事はこちら

Follow Us