【今週の注目記事まとめ】「歌舞伎フェイスパック」なぜ売れた、内田篤人×コップのフチ子=「フチ田篤人」ネットで話題化など

share

動画制作のクラウドソーシングから見えてきた!映像制作者は自分たち自身を価値付けせねば。

クラウドソーシングで動画をつくるViibar

上坂社長(左から二人目)とコアメンバーの皆さん。スタートアップらしい楽しさあふれる雰囲気でした。

前回の記事では動画制作についてとりあげ、いくつかのチームを取材しました。実はもう一カ所取材したのですが、長くなったので入れられませんでした。だから、前回の続きとしてその取材について書きます。

クラウドソーシングとは何か、皆さんきっとご存知ですよね?そうです、業務依頼をネット経由で受発注するやり方です。記事のライティングやイラスト制作などクリエイティブな作業でもいくつか事業者が出てきています。安いし、若いクリエイターにはチャンスになる一方で、批判的な声も聞こえてきます。

動画でもクラウドソーシングを具現化しよう。そんな発想で新しくできた会社があります。Viibarという会社で、2013年4月の設立です。社長の上坂さんとはその直前に知りあったのですが、あれよあれよと言う間に起業し、業界の話題をさらっています。イベントなどでちょくちょく顔を合わせてはいたものの、この連載のためにあらためて取材に伺いました。

大きな出資を受けてもいるし、ゴージャスなオフィスに気圧されたらどうしようなどと変に心配して行ったのですが、ビルのワンフロアに若い人たちがひしめく、できたての会社らしい活気あふれる空間でした。でも人が増えたなあ。

この記事の詳細はこちら

「歌舞伎フェイスパック」なぜ売れた? 「ジョジョの奇妙な冒険」仕様も新発売

2014年に「歌舞伎フェイスパック」をヒットさせた一心堂本舗(東京・千代田)は1月30日、テレビアニメ『ジョジョの奇妙な冒険』とコラボレーションした新商品「JOJOフェイスパック」を発売する。
同社では2013年12月に「歌舞伎フェイスパック」を発売以来、店頭・ECサイトともに品切れ状態が続いており、発売から約1年で年間目標の18倍にあたる36万個(シリーズ累計)という売上を記録した。
歌舞伎フェイスパック」は歌舞伎の化粧である「隈取」がデザインされているのが特徴で…..

この記事の詳細はこちら

内田篤人×コップのフチ子=「フチ田篤人」 チョコレート菓子「Bitte」のキャンペーンがネットで話題化

江崎グリコは、チョコレート菓子「Bitte(ビッテ)」のプロモーションを目的としたプレゼントキャンペーン「カップに舞い降りたサッカー選手 フチ田篤人」を実施している。

ドイツ ブンデスリーガのシャルケに所属する内田篤人選手を起用した同企画は、対象商品の購入者の中から抽選で5000人に、カプセルトイ「コップのフチ子さん」とコラボレーションした内田選手のフィギュアが当たるマストバイキャンペーン。

フチ子さんとは、カプセルトイメーカーの奇譚クラブと漫画家のタナカカツキさんが2012年7月に共同開発したもので……

この記事の詳細はこちら

Follow Us