博報堂がプロダクト開発プロジェクトを発足、第一弾は踊るロボットアイドル

share

博報堂がテクノロジーを活用したプロダクト開発専門プロジェクト「monom(モノム)」を立ち上げた。プロダクトデザイン、テクノロジーリサーチ、ビジネス開発を強みとする社員が中心となり、社外と協力して開発を進める。顧客企業の課題解決にとどまらず、新たな文化や市場を開拓するアイデアを生み出す狙い。

第一弾として、ロボティクス分野の「ユカイ工学」(東京・新宿)と共同でロボット「iDoll(アイドール)」を開発。手のひらサイズの人型ロボットで、音声と動きを楽しめる。既存のキャラクターなどに見かけを変えることもできる。3月に具体的な展開を発表する。


「博報堂」に関連する記事はこちら

Follow Us