LINE経由で年賀状20万枚申込につなげた販促アイデアとは?

share

たった5秒で年賀状完成 CONNECTIT

2014年10月〜15年1月、日本郵便がLINEに画像を送ると年賀状を自動生成するサービス「ぽすくま 森の年賀状屋さん」を実施。同サービス経由でのハガキ注文は20万枚にのぼった。年賀状の発送数が減る中で、若年層の心を捉えたこの販促アイデアは、どのように生まれたのか。企画・制作を担当したCONNECTITに聞いた。

年賀状に触れてもらう機会を高める

日本郵便が発行した2015年用の年賀ハガキは33億枚。5年前の2010年用は38億9千枚であり、年賀ハガキの利用数は年々減っている状況だ。

そんな中、ある無料サービスを使い、「年賀状づくり」に夢中になった人たちが、年賀状デザインを次々にSNSで投稿する、という現象が起きた。日本郵便のLINE公式アカウントの無料サービス「ぽすくま森の年賀状屋さん」である。

LINE上でユーザーが送付した画像から、年賀状をデザインする「ぽすくま森の年賀状屋さん」。年賀状デザインは わずか数秒で生成されたものだが、そのままハガキで送付できる完成度。

LINE上でユーザーが送付した画像から、年賀状をデザインする「ぽすくま森の年賀状屋さん」。年賀状デザインは わずか数秒で生成されたものだが、そのままハガキで送付できる完成度。

これは、LINE上で日本郵便のキャラクター「ぽすくま」と「友だち」になり、ぽすくまに画像を送ると、おすすめの年賀状を瞬時に自動生成してくれる、というもの。画像に写る人物の数や顔の位置などを認識し、それに合うテンプレートやスタンプと組み合わせ、画像を加工。できあがる年賀状はマンガ風、ポップアート風など1000種類以上にのぼった。

ユーザーからは、ぽすくまが作る絶妙な1枚に、「神がかったセンスに爆笑」「あまりにもナイスなデザインで保存してしまった」「ちゃんと画像認識してつくっている」などと好意的な意見が寄せられ、何度も画像を送ってお気に入りの一枚を探すケースも見られた。

ぽすくまと友だちになった人は600万人。生成された年賀状デザインはLINE経由で印刷注文でき、20万枚のハガキ出荷を実現している。

企画・制作を担ったのは、リアルとデジタルのコミュニケーションを連動させたサービスの提供を専門とする制作会社のCONNECTIT。

「ぽすくま森の年賀状屋さん」の企画・制作を担当し たCONNECTITの代表取締役社長 飯野法志氏 (左)とインタラクティブディレクター大西 貴之氏(右)

「ぽすくま森の年賀状屋さん」の企画・制作を担当し たCONNECTITの代表取締役社長 飯野法志氏 (左)とインタラクティブディレクター大西 貴之氏(右)

飯野法志社長は同サービスの企画に至った背景をこう話す。「年賀状が届かないと、自ら書いて送ろうという気持ちがわき起こりにくいもの。特に若年層は年賀状に触れる機会が減っています。年賀状市場の縮小を食い止めるというマーケティング課題を解決するため、年賀状への接触機会を増やすことに焦点を置き、若年層が頻繁に利用するLINEをメディアとして選択しました」。

本サービスで活用したのは、企業とユーザーが1to1で双方向にコミュニケーションできるLINEビジネスコネクト。ユーザーは、ぽすくまとトークしながら、年賀状を生成していく。「わぁ、いい写真だね」「もし気に入ってくれたら注文できるよ」「動画年賀状もできるんだよ」などと、ぽすくまが話しかけてくるところも人気の要因だった。

次ページ 「1秒単位の攻防 何度も試したくなるサービスに」に続く

お問い合せ
株式会社CONNECTIT
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1
TEL:03-6869-0104

Follow Us