LINE経由で年賀状20万枚申込につなげた販促アイデアとは?

share

1秒単位の攻防 何度も試したくなるサービスに

「ぽすくま森の年賀状屋さん」 の流れ 「ぽすくま」とLINEで友だちになり、画像を送ると、年賀状のデザインが自動生成される。気に入った年賀状デザインはスマホで注文。ハガキに印刷、発送できた。

「ぽすくま森の年賀状屋さん」 の流れ
「ぽすくま」とLINEで友だちになり、画像を送ると、年賀状のデザインが自動生成される。気に入った年賀状デザインはスマホで注文。ハガキに印刷、発送できた。

ユーザーが、ぽすくまに画像を送ってから、年賀状が作成されるまでの時間は、わずか3〜5秒だ。その間に実際に送付できるレベルのデザインができあがる驚き、そして同じ画像を送っても毎回違うデザインが出てくる面白さ─。何回も年賀状づくりを試したくなる仕掛けがユーザーを惹きつけた。

「年賀状が生成されるまで10秒待たされたら、ユーザーはもう1回試したいとは思わない。5秒以内に表示ができるよう仕組みを整えました」と飯野社長は振り返る。

制作スタッフには、ユーザーが快適にサービスを使えるようプログラムを組むテクニカルディレクターや、サーバーの安定運用を専任で担当するエンジニアも配置。通常のキャンペーンで使用する約20倍となる200台のサーバーを用意し、400万近いアクセスの集中に対応できる体制を組んだ。

「ぽすくまが数秒で作ったデザインと同様のものを、年賀状のデザインキットを使って作ろうとすると、実は手間がかかります」。そう指摘するのは、クリエイティブのディレクションを担った大西貴之氏。

画像の色を調整したり、加工したり、顔認識をしたりと、同サービスの裏側では、実は高度な画像処理技術が駆使されている。

画像とフレームの「組み合わせ」で、年賀状 に一枚一枚ストーリーが生まれる。生成されたデザインはSNSへの投稿も相次いだ。写真だけでなく、動画を送信すると、動画が見られるQRコー ドが年賀状に入れられた。

画像とフレームの「組み合わせ」で、年賀状 に一枚一枚ストーリーが生まれる。生成されたデザインはSNSへの投稿も相次いだ。写真だけでなく、動画を送信すると、動画が見られるQRコー ドが年賀状に入れられた。

ぽすくまとの会話が楽しめるのも、人気 の一つ。印刷注文もさりげなく案内できる。サービス終了時には、ぽすくまとの別 れを惜しむ投稿が続いた。

ぽすくまとの会話が楽しめるのも、人気 の一つ。印刷注文もさりげなく案内できる。サービス終了時には、ぽすくまとの別 れを惜しむ投稿が続いた。

「年賀状を送らない理由を聞いたある調査では、送る習慣がないだけでなく、作成するのが面倒くさいという回答が一定数ありました。画像の送付のみで本格的な年賀状ができてしまう仕組みで、作成の敷居を下げ、年賀状づくりを楽しく体験してもらうことを目指しました」と大西氏。

デザインは、クスッと笑えて、人に話したくなるようなものを用意。ユーザーは画像を何度も送付し、年賀状デザインを見比べるうち、ぽすくまから「印刷注文もできるよ」と促され、購入を検討し始めたのだ。

今回は年賀状に触れる機会を促す施策だったが、LINEビジネスコネクトを活用すれば、さまざまな角度から、商品やサービスの体験を促せると、大西氏は見ている。

「例えば、顔写真や動画を送ってもらい、好みのメガネを試してもらう、肌の色や口角を認識して美容品を勧める、位置情報を使って店舗に近づいたときに情報を送るなど、幅広い施策が試せるのでは」と大西氏。

CONNECTITでは、同社が持つ技術力、クリエイティブ力を生かし、体験を促す販促施策の提案を今後も行っていきたい考えだ。

お問い合せ
株式会社CONNECTIT
〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1
TEL:03-6869-0104

Follow Us