コラム

広告の中の人 次世代を担う注目のタレント

【動画あり】2015年に大ブレイク!魅惑の30歳、橋本マナミの素顔に迫る

share

【前回コラム】「2015年にブレイク? CMに起用したい注目の“タレントの卵”たち」はこちら

“愛人にしたい女No.1”のキャッチフレーズでブレイク中の橋本マナミさん。30歳にしてブレイクに至る過程には、どのような苦労があったのか。「中学生の時からこんな雰囲気だった」と話す彼女の素顔とは。

足立:ブレイクのきっかけは写真集ですか。

橋本:そうですね。昨年の5月に10年ぶりに出しまして、それからたくさんお仕事をいただくようになりました。

足立:グラビアは一度辞められているんですよね。

橋本:数年前に、14年間所属していた事務所も辞めて、実家のある山形に戻りました。でも、タレントとしての夢をあきらめきれずに、もう一度上京して、いまの事務所に入ったんです。最初はお仕事がなかったので、ひたすら出版社への挨拶回りをしていました。

足立:グラビアを辞めたのはなぜだったんですか。

橋本: 16歳から22歳までグラビアをやっていたのですが、その時は好きじゃなかったんです。自分から発信するというよりも、何というか、やらされているという感じがしていて…。そもそも、“太陽の下で元気に”みたいなのがあまり得意ではなかったし、自分をどう表現して良いのか分からず、葛藤がありました。それがグラビアの写真にも表れていたんだと思います。

足立:なるほど。

橋本:女優もやっていたんですけど、その先のビジョンが見えなくて。当時は大きい事務所で、生活も安定していましたけど、人生を後悔したくなかったから、全部捨てて1からやり直そうと思いました。両親も友人も大反対でしたけど、辞めてからは自由になった気がしましたね。

足立:それで、山形に戻られたと。

橋本:4カ月だけでしたけど、地元に戻ったことでリセットできました。高校2年生の時に東京に出てきて、両親もすごく心配していたので、安心させてあげたい気持ちもありました。心配ばかりかけてきましたけど、いまはすごく喜んでくれています。

足立:なかなか苦労されているんですね。

橋本:でも、あまり苦労したという感覚はないんです。以前の事務所でも本当に良くしていただいていました。ただ単に、私がフレッシュなグラビアは得意じゃなかったんです。

足立:橋本さんはフレッシュじゃない?

橋本:フレッシュじゃないですね。というか、どうしたら良いのか分からなかったんです。今だから普通でいられますけど、中学生の時からこんな雰囲気だったので…。

足立:それは大変だ(笑)。

橋本:高校の制服を着ていても、コスプレじゃないかと言われていましたから(笑)。“愛人にしたい女No.1”と言ってもらっていますけど、20歳ごろからずっとそんなことを言われてきました。外見が大人びていたようで、20歳にはない変な落ち着きがあったんですね。今は、やっと中身が外見に追いついてきたという感じです。

足立:橋本さんのグラビアは、セクシーなだけでなく、アーティスティックですよね。

橋本:“演じながら”撮影してもらっているので、グラビアアイドルとは少し違うかもしれないですね。ポルノの世界をグラビアで表現して、50~60代の方に昔を思い出してほしいなと思っています。ストーリー性のあるグラビアをやっているという感覚です。

次ページ 「ところで、特技は早口言葉だとか?」へ続く

Follow Us