コラム

コピーライター養成講座 講師・卒業生が語る ある若手広告人の日常

コピーは友を呼ぶ。

share

宣伝会議賞は、チャンスだらけ。

最後に少しだけ、宣伝会議賞の話をしようと思います。

僕が「自称コピーライター脱却」を意識したとき、心の中で決めた目標があります。それは、『宣伝会議賞と、TCC(東京コピーライターズ)賞を獲る!』という目標です。

当時の僕にとっては、両方とも荒唐無稽な夢物語みたいなものでした。でも養成講座がきっかけとなり、第51回宣伝会議賞ではシルバーを、第52回では協賛企業賞をいただくことができました。

宣伝会議賞授賞式にて松下先生と。交わした約束、必ず果たします!

あの頃、講座に通う決心をしていなかったら、今こうしてコラムを書くことすらなかったかもしれない。そう思うと、なんだか不思議な気がします。

僕は、宣伝会議賞は「失うものはゼロ、得られるものはムゲンダイ」な賞だと思っています。

40社以上のクライアントのコピーを書ける、というだけでも素晴らしい機会なのに、それを一流のコピーライターにタダで見てもらえて、そのうえ100万円がもらえるかもしれないなんて!こんなチャンス、ほかにありますか?

今年の授賞式では、講座でお世話になった門田陽先生、松下武史先生からも祝福をいただきました。来年もお会いできるように頑張ります!

そして、パーティーの席で松下先生と交わした約束があります。
「藤倉、次はTCCだな」
「はい!」
いつか必ず果たせるよう、これからもコピー道を邁進しようと思います。


 

全4回の連載はこれで終わります。お読みいただいた皆さま、ありがとうございました!
そしていつか「中西」で一緒にビールでも飲みましょう(笑)。

藤倉 郁浩(ふじくら いくひろ)
株式会社グラフィック 東京支店 東京デザイン課所属。ディレクター、コピーライター。

北海道札幌市生まれ。武蔵野美術大学卒業後、出版社勤務を経て現職。主な受賞歴は、第51回宣伝会議賞 シルバー、第52回宣伝会議賞 協賛企業賞、第5回販促会議企画コンペティション ファイナリスト他。2013年宣伝会議コピーライター養成講座上級コース修了。好物はビールと魚介類。

cac-j

「コピーライター養成講座」
講師は一流のコピーライターが直接指導 プロを育てる実践型カリキュラム
いまでも多くの有名クリエイターを輩出している本講座。幾度かの改変を経て、内容を一新。コピーやCMといった、広告クリエイティブだけでなく、インタラクティブ領域のコミュニケーション、マーケティングやメディアクリエイティブなど、さまざまな視点からコミュニケーションを構築する能力を養い、次世代のクリエイターを育てます。
詳細はこちら

Follow Us