コラム

広告のやり方で、スポーツを創ってみた。

ハンドソープボールが生まれた夜

share

【前回のコラム】「口説き文句研究と、スポーツ研究と。」はこちら

2014年11月某日。
僕は眠れない夜を過ごしていました。
海外旅行を翌日に控えていたのですが、
パスポートを忘れないか心配していたのです。
その昔、何度も確認したはずなのに、
空港行きのリムジンバスに乗った瞬間、
パスポートがないことが発覚したことがありました。
それからというもの僕は、
パスポートには羽がはえている
と言うスタンスで、過度に注意することを決めていたのです。

鞄にパスポートが入っているのを確認するたびに、
目が冴えていきました。困った。
そこで僕は、この時間を活用して、
新しいスポーツを考えることにしました。
実はこの数日前、ハンドボール元日本代表キャプテンの、
東俊介さんとの出会いがありました。
東さんはハンドボール振興に力をいれていて、
なんとかしてハンドボールを
一人でも多くの人に知ってもらい、体験してもらいたい、
という想いで活動をされている熱い方でした。
僕はその際、「みんなができる新しいハンドボール」を入り口として、
最終的にはハンドボールファンが増えるような流れを創れないか、
という思想だけ提案させて頂きました。
でも、肝心の中味がまだありません。
よし、考えよう。今は夜中の2時。
出発は朝6時。時間だけはある。
再び鞄の中のパスポートを確認した上で、
僕はバブルサッカーから抽出した、
勝利の方程式をもう一度反芻しました。

①勝ったら嬉しい。負けても楽しい。
②フォトジェニック。

この法則を満たすスポーツを、
どうやって創ればいいのか。
特に「負けても楽しい」部分をどうするか。

先ずもって、ハンドボール自体、
もの凄くハードでスピーディーなスポーツです。
くだんの東さんも身長が191cmあり、
弁慶のような猛々しい風貌をしています。

現役時代の東選手。(Photo by Kenta Tazaki)

そんな東さんと僕が、対等にできるハンドボールを創れないだろうか。
まずは、いかにボールスピードを落とし、
激しさを緩和するかが「負けても楽しい」の鍵だと踏みました。
しかも、なるべくフェアにスピードを殺す方法がないか。
そこで、思いました。

Follow Us