キッコーマン飲料が大学生とコラボ商品を開発—6月から期間限定で発売

share

キッコーマン飲料は6月8日から、東京都市大学の女子学生5人と共同開発をした「デルモンテ 花つぼみ ローズウォーター」を7月末までの期間限定で発売する。

ローズの香りのフレーバーウォーターで、甘さ控えめですっきりとした後味が特徴。開発に当たって、キッコーマン飲料では2014年6月、全国の高校生や大学生を対象に「こんな飲料あったらいいな」というアイデアを募集した。11校225人の応募の中から、花の香りに着目した商品コンセプトの目新しさや、ストーリー性などを重視し、東京都市大学知識工学部自然科学科の大学生5人のグループ提案を採用した。

同年10月から共同開発をスタート。「女子大学生がいつも持ち歩きたくなるドリンク」をイメージし、明るく華やかな色づかいのラベルを採用するなど、商品名やパッケージデザインなども工夫した。

6月8日から全国で販売を開始。500mlペットボトルで希望小売価格は170円(税抜)。


「キッコーマン」に関連する記事はこちら

Follow Us