THE GINZAで山口小夜子の“赤”を期間限定ディスプレー

share

東京・SHISEIDO THE GINZAでは6月16日まで、「赤、小夜子と踊る。」をテーマとした特別ディスプレーを行なっている。

これは現在、東京都現代美術館で6月28日まで開催中の「山口小夜子 未来を着る人」展と関連して行なわれている。70年代初頭よりトップモデルとして活躍した山口小夜子は、資生堂のかつてのミューズ。「山口小夜子 未来を着る人」展では「資生堂と小夜子」コーナーが設けられ、アートディレクター 中村誠、写真家 横須賀功光らによる資生堂のポスターや広告写真が多数展示されている。

THE GINZAのディスプレーでは、山口小夜子から新たな価値を授けられた資生堂の「赤」を紹介する。山口を起用した資生堂の数々のポスターをモニターで見ることができるほか、当時の広告掲載化粧品や、ディスプレーのテーマである“赤”色の化粧品などを展示している。

このディスプレーの期間中は、「山口小夜子 未来を着る人」展の会場で販売中のミュージアムグッズ(展覧会図録、小夜子ポストカード、トートバッグ)も特別に販売する。

また、6月13日に一夜限りのカクテルパーティー「小夜子な夜~SAYOKO NIGHT~」を、東京銀座資生堂ビル11階に6月3日に新規オープンする『Bar S (バー エス)』にて開催する(受付申し込みは終了)。


「資生堂」に関連する記事はこちら

Follow Us