「広告ブロック」を企業・学校に一括導入しやすく 独企業が提供

share

Webブラウザからオンライン広告を消す「アドブロック・プラス(Adblock Plus)」を提供するEyeoは16日、企業や大学、団体の管理者が、備品パソコンのWebブラウザに同ソフトウエアを一括導入しやすくしたと発表した。「アドブロック・プラス」はパソコン向けWebブラウザのプラグイン(追加機能)として提供され、2006年の公開から現在までに300万回以上ダウンロードされている。

「広告ブロック」ソフトウエアを感知し、専用のディスプレー広告を表示させるWebサイトも。画像は「WIRED」。「どうかご好意を、そしてアドブロッカーを止めてください。WIREDへのご支援ありがとう」と記されている。

オンライン広告をブロックするソフトは、近年、30歳以下を中心に利用者を急激に増やしている。アドビとページフェアが2014年9月に発表した調査では、世界全体の月間利用者数は1億4400万人に上るという。これまでは利用に一定の知識が必要だったが、オフィスや学校で一括して導入すれば、パソコンの初心者でも使えるようになり、さらに広告の露出機会が減る。

「企業のネットワーク管理者にとっては、オンライン広告のブロックが、回線容量の節約や、悪意のあるソフトウエア(マルウエア)のダウンロード防止につながる」とEyeoは主張する。同社は今後も、多くのパソコンへのインストールを簡単にするよう機能改善を続けるという。「アドブロック・プラス」の企業管理者向け機能はグーグルの「クローム(Chrome)」で利用できる。オープンソースの「ファイアフォックス(Firefox)」にも対応する予定。

またEyeoは現在、スマートフォン向けの「アドブロック・プラス」を開発中で、5月20日にはAndroid端末向けアプリの公開試験をスタートさせた。同社は、寄付金と、例外的に広告を表示できる一部の大手サイトやアドネットワークから受け取る費用で運営されている。

Follow Us