電通、国際パラリンピックのスポンサー権を国内独占販売へ

share

電通は19日、パラリンピックを主催するIPC(国際パラリンピック委員会、本部=ドイツ・ボン市)のスポンサーシップと、IPCが管轄する10種のスポーツのスポンサーシップを、日本企業へ独占的に販売する権利を取得したと発表した。期間は2015年~2020年まで。IPC自体の国内プロモーション活動も担当する。

IPCのロゴ「agitos(アギトス)」。「アギト」はラテン語で、「私は動く」を意味する。赤・青・緑の3色は、世界各国の国旗で最も使われていることから選ばれた。
(写真提供:Shutterstock.com)

同社は2014年4月、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会からマーケティング専任代理店として指名を受け、東京五輪・パラリンピックのスポンサー販売も担当している。ほかにも、IAAF(国際陸上競技連盟)主催大会のマーケティング権と放送権を、2001年~2029年にかけて取得した実績もある。

IPCは、身障者スポーツの普及拡大のため、1989年に設立された非営利団体。日本企業からは、グローバルパートナーにパナソニックが2014年10月から名前を連ねている。


「電通」に関連する記事はこちら
「東京オリンピック・パラリンピック」に関連する記事はこちら

Follow Us