コラム

広告の中の人 次世代を担う注目のタレント

【動画あり】松島花、トップモデルから“新人”として女優の世界へ飛び込んだ理由

share

【前回コラム】「芸歴10周年の23歳 高畑充希の不思議な魅力」はこちら


足立:想像していた通り、すごく大人っぽいですね。

松島:昔からよく言われます(笑)。自分ではあまり思わないのですが、いつも実年齢よりも5歳は上に見られるんですよ。だから最近は30歳に見られるんです。

足立:何歳の時にどんなきっかけでデビューしたんですか。

松島:11歳の頃に原宿でクレープを食べていたらスカウトされました。当時はずっとバレエをやっていて、バレリーナを目指していました。でも、一気に身長が伸びたことで、ひざが成長痛になってしまい、バレエを続けることができなくなってしまったんです。バレエは学校以外の大事な居場所だったので当時はショックでしたね。ちょうどそのタイミングでスカウトしてもらったこともあり、表現をするという意味ではモデル業もバレエと同じだと思ったので、12歳の時に事務所に入りました。

足立:その後、お仕事はとんとん拍子で?

松島:事務所に入った直後から、色々なお仕事をさせていただきましたが、当初からあまり緊張などはしませんでしたね。最初は先輩のモデルさんの見様見真似でしたが、もともと服が好きだったこともあり、自然にポーズも取れるようになっていきました。バレエをやっていた影響が大きくて、モデルとしての姿勢や所作は、すべてバレエを通じて身につけたものです。こんなにもバレエをやっていたことが生きるとは思いませんでした。

足立:バレエはいつ頃から?

松島:3歳の頃からですね。踊ることが大好きだったのと衣装がかわいかったので、幼稚園のクラブ活動でクラシックバレエを始めました。小学校に入ってからは、近所のバレエ教室に通い、多い時は週5日間習っていました。

足立:本当にバレエが好きだったんですね。

松島:先生がすごく良い方だったことや学校以外で新しい友だちができること、そして練習すればするほど上達する過程が面白かったんです。昔から、目標を立てて、それを目指す過程が好きなんです。

足立:勉強の方はどうでしたか。

松島:自分の好きなものであれば没頭するタイプなのですが、勉強にはあまり熱心にはなれなかった気がします(笑)。

足立:周りの人から、松島さんはどんな人だと言われますか。

松島:色々な人から、「怒ったことある?」とか「騒いだりするの?」と言われるんですが、本当はその真逆なんです。どちらかと言えば、短気でせっかちですし、騒ぐことも好きなので…。正反対なことを言われると「わかってないなぁ」と(笑)。

足立:お写真を見ていると躍動感がありますよね。

松島:じっとしているよりも、動くことの方が得意ですね。撮影の時も、よく「跳びすぎ!」と言われるくらいですから(笑)。

次ページ 「モデルを12年間されていて、昨年、女優業に挑戦しようと思ったのはなぜですか。」へ続く

Follow Us