カンヌ6日目—イノベーション部門/クリエイティブデータ部門審査員インタビュー【編集部カンヌ通信】

share

カンヌ6日目(最終日から数えて2日目)のレポートです。

さらっと5日目を飛ばしてしまいましたが、というのも5日目は受賞の発表がない“中日”です。この日は毎年人気のSaatchi&Saatchiの「New Director’s Showcase」や、ソフトバンクと電通による「Pepper」登壇のセミナーがライオンズイノベーションの会場でありました。

Pepperくんはカンヌでも大人気!その様子は博報堂の須田和博さんのレポートにも紹介されていますので、ぜひご覧ください。

ちなみに、今年のカンヌでの一番のセミナーといえば、須田さんのレポートでも紹介されていますが、何と言ってもR/GAのボブ・グリーンバーグによるセミナーでしょう。広告会社の新しいステージを明示した、と現地でも飛びぬけて話題になっていました。

次号のブレーン(9月号)には、この講演を全収録する予定です。聞き逃した方、もう一度内容をレビューしたい方、ぜひご覧ください。

さて、6日目は新設のライオンズイノベーションの2部門−−イノベーション部門/クリエイティブデータ部門が発表になりました。従来のカンヌライオンズからイノベーション部門が独立し、初登場のクリエイティブデータ部門と共にライオンズイノベーションという新しいアワードになりました(少しだけややこしいですね)。

イノベーション部門の審査委員長ニック・ロー(R/GA)は、「エージェンシーのエクスペリエンスデザイン担当者やベンチャーキャピタルの人間、ブランドのテクニカル担当の人間など非常に様々な人間が集まっており、今回の審査委員は非常に面白いメンバーの集まりだった。集まってきた作品も、箸からセルフィースティックまで多様だった」と話していました。

そして、グランプリ作品がこちら。土地を3mの四角に区分し、3つのあらゆる言語に対応したワードであらゆる地域で特定の地点を定義し、スマートフォンで誰でも簡単に把握できるようにする「3 Words to Address the World」というサービスです。

これで、いわゆる“住所のない地域”の特定も可能になります。博報堂ケトルの橋田和明さんのレポートでも詳しく解説されていますので、こちらもご覧ください。

イノベーション部門には、クライアントあり/なしの両カテゴリがあり、こちらは後者からのグランプリ選出となりました。

ちなみに、ニック審査委員長の言っていた「箸」というのはこちら。

stick

中国では様々な食のスキャンダルがニュースに取り沙汰されていますが、中国の検索エンジン最大手Baiduでは、料理油の汚染を検出するセンサーを内蔵したスマート箸「Kuaisou」を開発しました。元はエイプリルフールのジョークだったようですが、反響の大きさに本当に作ることにしたそうです。

cannes_report


勝率の高いプレイヤーほどアイデアの着想をカンヌから得ている!
「カンヌセミナー2015」8月26日(水)開催!
http://www.sendenkaigi.com/class/detail/latest_cannes.php

Follow Us