ADKが今夏スタート、Webサイトのクリエイティブ制作とABテストを一元化できるクラウドサービス

share

アサツー ディ・ケイは17日、Webサイトのクリエイティブ制作とABテストを一元的に実施するクラウドサービス「ABsolute one(アブソルートワン)」の提供を開始すると発表した。
まずは、8月に同社の既存クライアント向けのクローズドサービスとして順次提供を開始し、年内には本格的にローンチする予定。

企業と消費者との接点がデジタル領域へと急速に広がる中、Webサイト構築にあたり、よりレスポンスの高いクリエイティブを制作したいというニーズが企業の間で高まっている。
とはいえ、複数のクリエイティブを制作し、その効果を比較・検証するには時間も費用もかかり、企業にとって負担が大きい。限られた予算内でクライアントに最適なソリューションを提供するのは、広告会社にとっても難しい課題だった。

「ABsolute one」では、小規模ながら高いクリエイティブ力・技術力を持つ全国のWebサイト制作会社をネットワーク化。複数のクリエイティブの制作発注と、ABテストを一元的に実施することができる。ユーザー獲得効率の高いクリエイティブを低価格で導き出すことで、Webサイトの目標達成や改善をサポートしたい考え。
発注価格は、制作の本数や、制作単価・成果報酬設定により変動する。制作単価・成果報酬設定は、クライアント・広告会社側で(最低価格以上であれば)自由に設定できるが、当該設定をクラウドに掲示し参加者を募る形態となるため、人気の高いクリエイターをアサインしたい場合には、高い報酬設定の方が募りやすくなるという。ネットワークには、サービス開始時点で、全国約100の制作会社の参加が決まっている。
現時点では、広告原稿やLP(ランディングページ)などのABテストを対象にしてるが、今後は動画を含めたあらゆるクリエイティブのABテストが実現できるサービスへ拡大していく予定。

サービス提供にあたっては、インターネット関連のデザイン・制作を手がけるクリエイターズマッチのクラウド型制作管理ツール「AdFlow(アドフロー)」と連携。国内外に約200の制作パートナーを抱え、月間1500~2000本の広告クリエイティブを手がける同社の仕組みを活用することで、制作作業の効率化を実現する。

今回のサービスは、2014年10月に新設された、同社のデジタルビジネス本部グロースハック・プランニング室が開発。集客・売上・クリック・申込みなど、Web上でのクライアントのKPIを中心に、あらゆるマーケティングKPIの効果改善をワンストップに解決する組織を目指す。


「アサツー ディ・ケイ」に関連する記事はこちら

Follow Us