コラム

全広連金沢大会特集 五感でつかむ金沢の文化

【クリエイターが語る金沢(1)】日常に文化が根付く街――早川和良氏(CMディレクター)

share

広告界最大級のイベント「全日本広告連盟大会」が今年5月、北陸新幹線開業に沸く金沢市で開かれ、全国の広告関係者をはじめ1400人が来場しました。広告界の業界団体である公益社団法人全日本広告連盟(全広連)の主催によるもので、今年で63回目を迎えます。
この連載は、全広連と宣伝会議とのコラボレーションの一環で発行した新聞「アドバタイムズ特別号」の記事の一部を転載するものです。新幹線開業で注目される北陸経済や、金沢の広告界・クリエイティブの今を紹介します。

金沢の街に“一目ぼれ”

早川和良氏

早川和良氏

石川県の観光総合プロデューサーを頼まれてから、早くも10年が経ちます。北陸新幹線の金沢開業を意識して動き始めたのは2008年頃から。県の開業記念キャラクター「ひゃくまんさん」の選考などに関わってきました。もっとも、僕が金沢に住んでいたのは大学生の4年間のみ。生まれ育ったのは名古屋で、卒業後はずっと東京で暮らしています。外の視点から石川県の良さや課題が見えることもあると考えて、これまで務めてきました。

高校3年生の冬、金沢の美大に進学した先輩を訪ねたのが金沢との出合いでした。名古屋は空襲に遭い、戦後に新たにつくられた街です。一方で金沢は、400年前からの歴史が積み重なり、古い街並みが残っている。その違いに驚きましたね。雪がすーっと降っていて、駅から先輩の下宿まで雪の中を歩いたことを今も覚えています。その一瞬で金沢に恋してしまったのです(笑)。

そんな僕から見れば、この地域は宝の山です。金沢も能登半島も、江戸時代から続く日本の歴史や文化が生活に根差した形で残っています。加賀百万石で知られる前田家が築いたことはよく知られていますが、実は百万石を超えていたといいます。幕府に目を付けられないために、その財力を軍備ではなく文化・芸能につぎ込みました。京都など全国から職人を呼び寄せ、「文化王国」を築いたのです。

音楽や美術が日常とともにある

JR東日本のテレビCM Japanese Beauty Hokuriku 石川編

JR東日本のテレビCM Japanese Beauty Hokuriku 石川編

その財産が今も残っていることの証として、金沢には文化を語れる人がたくさんいます。先日もタクシーに乗って「金沢21世紀美術館に行きたい」と言うと、運転手さんが「この前行ったけどあれはいいよ」と。市井の人たちが日常のこととして、音楽会や美術館に足を運んだり、習い事をしていたりします。

白山や立山連峰が間近に迫り、日本海も近い。冬は雪深く、閉ざされた地域でもあります。西田幾多郎や鈴木大拙などの優れた哲学者を生んだこともこの土地と関連していると思います。

学生を大切にする街でもあります。これも前田家が残した財産ですが、全国各地から膨大な数の文献を集め、次世代の人材を育てるということを続けていました。「加賀は天下の書府」と言われたゆえんです。それが四高(旧制第四高等学校=今の金沢大学)のほか金沢美術工芸大学などにも受け継がれています。

県民性としては、「コツコツ型」の人が多いのが特徴です。ファンドに務める知り合いは、「リスクを取って外に出て行こうという、起業家タイプの人が少ない」からビジネスになりにくいと言います。確かに、石川県発祥のグローバル企業にはコマツがありますが、富山など近県の方がより活発です。一流の仕事をする人は多いものの、派手な野心はなく「自分には金沢がちょうどいい」と思っているところがある。逆に言えば、それだけ恵まれた土地なのです。

「外からの目」を生かし世界を目指せ

金沢市のテレビCM「幻影車窓『ちょっと、金沢まで。』」

金沢市のテレビCM「幻影車窓『ちょっと、金沢まで。』」

新幹線の開業は、こうした状況に風穴を開ける転換点になるでしょう。新たな可能性を求めて外から金沢に入ってくる人もいれば、出ていく人もいるはずです。そこで期待したいのは、僕のように外の人が気づく金沢や石川の魅力を、外の人が磨いていくことです。地元の人がこれまで気に留めなかったような魅力に気づくきっかけにもなるはずです。

京都はひとつのお手本になるでしょう。様々な人や資本を受け入れながら、自分らしさを守っている。そこには「排他性」という京都の人たちが生み出した知恵があります。金沢はまた違った道を歩むでしょうが、新たな知恵を取り込んでいくべきです。

金沢にとっては、次は世界といかに付き合っていくかがテーマではないでしょうか。北陸3県の中でも、金沢が突出して世界に出ていけばいい。その担い手は、東京からでも、または外国人でもいいと思います。(談)

早川和良(はやかわ・かずよし)
ティー・ワイ・オー専務取締役。1952年愛知県生まれ。75年金沢美術工芸大学彫刻科卒。日本天然色映画を経て、82年ティー・ワイ・オー設立に参加。05年から石川県観光総合プロデューサーを務める。

Follow Us