DACが「Antenna」に出資 ブランド広告の指標策定にも着手

share

デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)は27日、「キュレーションマガジンAntenna(アンテナ)」を運営するグライダーアソシエイツとの資本業務提携を発表した。両社は、テレビCMや雑誌広告などと連携した、ブランディング広告商品の開発を始める。同時にブランディング効果を測る指標の策定にも取り組む。

DACはグライダーアソシエイツの第三者割当増資を引き受けた上、既存株主から株式を取得し、議決権ベースで15.7%を獲得した。また、矢嶋弘毅社長が社外取締役に就く。

両社は従来から協業関係にあった。ことし1月には、提携スマホ向けメディアの記事見出しに広告を出し、Antenna制作の記事を経由して顧客企業のWebページへ誘導する商品の共同開発を発表していた。


「デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム」に関連する記事はこちら
「Antenna,」に関連する記事はこちら
「グライダーアソシエイツ」に関連する記事はこちら

Follow Us