コラム

広告の中の人 次世代を担う注目のタレント

【動画あり】川口春奈 20歳にして見せる大人の魅力 「良い意味でイメージを裏切りたい」

share

足立:それでも仕事は楽しいですか。

川口:魅力的な仕事をしていることを日々実感しますし、色々な人との出会いがあったり、楽しいという充実感はすごくあります。作品が変わるごとに違う現場を経験するので、そうしたなかで新しい発見もあり、もう毎日が勉強ですね。

足立:その都度、現場に馴染むのは大変ですね。

川口:人見知りなので、慣れれば自分を出すことができるのですが、最初はあまり話せないんです。でも黙っていると、怒っているとか不機嫌だと思われてしまい、全然そんなつもりはなくても、空気を壊してしまうんじゃないかと思うので、最近は気を付けようと思っています(笑)。

足立:今後、どんな女優さんになりたいですか。

川口:こういう女優になりたいというのはないのですが、演じる役によって与える印象を変えられる女優になりたいですね。ワンパターンの女優ではなく、作品にハマっているというか、色々な役に合わせた表現や表情を出せる人になりたいなと。

足立:いまは若さや可愛さが目立つ、どちらかというとハッピーな役が多いですよね。

川口:そうですね。ただ私はタレントではなく女優をやらせていただいているので、影のある役もやってみたいんです。そうした普段の自分のイメージを覆す役に挑戦することを通じて、イメージを変えたり、可能性を広げていきたいと思っています。

足立:20歳ですが、覚悟が決まっていますね。

川口:良い意味で自分のイメージを裏切りたいんです。まだ20歳でふり幅も広いと思うので、色々なお芝居や役に挑戦していきたいです。

足立:これまでのお芝居で壁はありましたか。

川口:いまも難しかったり、悩んだりすることも多いです。監督が求めているものに応えられないとすごく悔しいですし、改めて大変な仕事だなと思うときもあります。でもそういう日があるからこそ、余計に燃えたりもするんですよね。

足立:良いですね。最後に、川口さんにとって広告はどのようなものですか。

川口:お芝居とは違いますし、役を演じるわけでもなく、かといって素でもない。不思議な感じがして少し照れたりもしますが、メインが私ではなく商品なので、撮影のときはどのように商品を引き立てられるかということを考えていますね。

川口春奈(かわぐち・はるな)
1995年2月10日、長崎生まれ。2007年から雑誌『nicola』専属モデルに。2009年に『東京DOGS』でドラマデビュー。ドラマ『桜蘭高校ホスト部』、映画『好きっていいなよ。』で主演。2016年公開の映画『クリーピー』『にがくてあまい』にも出演。現在契約中のCM広告:P&G「パンテーン」、ヤクルト本社「ヤクルトの乳性飲料 ミルージュ」、味の素「クノール」、三井住友海上火災保険「はじめての自動車保険」「1DAY保険」

対談を終えて

川口さんは一見すると、“ほんわか癒し系”ですが、実際はがっつり肝が据わっている女優です。まだ20歳ですが、とてもしっかりしています。女優として演じるなら、何ごとも辞さないという意識の高さは凄いです。セーラー服を着ても、まだまだ高校生に見える雰囲気とのギャップも現在の彼女の魅力の一つですが、もう少し長い目で見るのであれば、本格的な女優としての伸びに期待をしたいです。

ヘアメイク
SHIZUE
スタイリスト
山本隆司

足立茂樹
e-Spirit 代表

キャスティング会社e-Spiritの代表。博報堂出身。米国の大学でマーケティングを専攻し、米国スタイルのキャスティングを日本に取り入れ、オーディションシステムも体系化。現在では40名のスタッフで年間1300本を越えるキャスティングを行う。

Follow Us