ブランドマネージャーが注力する3大項目とは? ~「日本企業のブランドマネジメント組織と人材 2015」より

share

宣伝会議が7月に実施したブランドマネジメントに関するアンケート結果をまとめた調査レポート「日本企業のブランドマネジメント組織と人材 2015」の販売が先日スタートした。

それによると、ブランドマネージャーの関与度が高い仕事は、「マーケティング戦略」「コンセプト開発」「広告・販促」が上位3項目となった。

ブランドマネージャーに、自身の仕事の中で関与度の高いもの、重要度の高いものを5つまで選択してもらったところ、「調査・マーケティング・販売戦略」が81.1%、「コンセプト開発」70.3%、「広告・販促」66.2%となり、この3項目がほかを大きく離す結果となった。

多くの会社では、調査によってコンセプト開発を行い、商品開発の担当部門とともに開発にかかわりつつ、その後の戦略を策定していくことが主な仕事内容と言えそうだ。外資系企業においては、上位3項目以外も「重点項目」として選択していることが多かった。日本企業と外資系企業とでは、ブランドマネジメント部門の仕事の範囲に違いがありそうだ。

また、ブランドマネージャーになる前に、どのような部門・仕事を経験したのかについて聞いたところ、「マーケティング」が60.8%と最も多く、ついて「営業・販売」の47.3%が続いた。営業現場を経験し、マーケティングを経てから、ブランドマネージャーになるケースが多いようだ。また、その他には、人事・総務、研究開発、エンジニア、リサーチといった回答があった。

レポートではこのほか、ブランドマネージャーの転職経験や、予算決定や施策決定における決裁権、ブランドマネージャー育成について行っていることなど、27項目についての回答と、ブランドマネジメントの有識者のレポートが収録されている。

レポートの詳細はこちらを参照

■調査概要

調査機関:2015年7月6日~21日
手法:インターネット調査
対象:企業のブランドマネジメントに関わる人
回答人数:76名

■専門家レポート

①調査結果から読み解くブランドマネージャーの現状
ビジネス・バリュー・クリエイションズ 代表取締役 山本康博氏

②ブランドマネージャーを育成するために必要なこと
えとじや 岡本 晋介氏/TM Future 竹内美奈子氏

③ブランドマネージャーの評価方法
日本ビジロップ 代表取締役 伊藤 裕一氏

④ブランドマネージャーの今日的課題
産業能率大学 経営学部 教授 小々馬 敦氏

Follow Us