新宿で恐竜に襲われる!?“リスク”伝える体験イベント

share

住友生命保険は、病気やケガで働けなくなった時のリスクに備える保険「1UP(ワンアップ)」を9月25日より発売。そのPRの一環として10月30日~11月1日の3日間、新宿駅メトロプロムナードにてVR(バーチャルリアリティー)を使ったリスク体験イベント「Risky Spot(リスキースポット)」を開催した。

VR映像では、目の前に恐竜がいるかのような臨場感が味わえる。

VRでは、体験者の間近で闘いを繰り広げるエージェントや巨大な恐竜などが出現。「最終場面には当社CMイメージキャラクターの瑛太さんと吉田羊さんが登場。二人の映像に合わせ、実際にその場にいるスタッフが資料を手渡す演出で、よりリアリティーを感じてもらえるよう心掛けました」と、「Risky Spot(リスキースポット)」の広報を担当した博報堂ケトルの大木秀晃氏。

期間中の来場者数は332名。体験者が見ている映像を外部モニターに映すことで、より多くの人の目に留まるよう工夫した。また、イベントに先駆け、タレントのとにかく明るい安村さん、鈴木奈々さんにVRを体験してもらい、その様子が300以上の媒体で取り上げられたこともPR効果につながっている。


「住友生命保険」に関連する記事はこちら
「博報堂ケトル」に関連する記事はこちら

Follow Us