これでついに完結か!?五ヶ瀬ハイランドスキー場、テッちゃんと南ちゃんの恋物語

share

日本で一番南にある宮崎県の五ヶ瀬ハイランドスキー場の、2016年シーズンCMが始まっている。

同スキー場では、2013年からCMをスタート。2014年にスタートした「テッちゃん」と「南ちゃん」の恋物語、そして主演を務めた藤田可菜さんが全国的に話題になり、2015年は新たなストーリーで展開。南ちゃんと新キャラクター「新・南ちゃん」が交互に登場し、語り手である「テッちゃん」との三角関係を匂わせるストーリーで、前年以上の注目を集めた。

そしてスタートした本年度のCMは、テッちゃんと南ちゃんの再会から始まり、またもや予想外の展開に……。

「五ヶ瀬ハイランドスキー場からのオリエンは例年通り、“認知を増やすこと”“話題にすること”でした」と、企画、クリエイティブディレクション、演出も手がける電通九州 左俊幸さん。前回までのCMでは認知と話題に注力していたが、今回スキー場はもちろんのこと、五ヶ瀬の持つさまざまな強みを訴求。ワインや温泉、夕日、グルメ、さらには五ヶ瀬の町、インストラクターなどそこに住む人たちをクローズアップした。

「単にずっと面白いだけではなく、シリアスなシーンや感動的なシーンを入れることで、逆に面白さが深まっていく、そんな表現を目指し、スタッフ全員で撮影・編集・録音に臨みました」。また、このCMは“南ちゃんの可愛さ”で成立しているため、南ちゃんの表情に関しては、かなりこだわりをもって撮影したという。

「過去3年のCMが話題になっていたこともあり、“それを基本に自由に考えてください“というありがたい言葉をいただき、企画をすることができました。意気込みとしては、五ヶ瀬ハイランドスキー場をきっかけに、五ヶ瀬町全体が話題になり、町起こしにつながる。そして、実際に足を運んでみたくなる、そんなCMを目指しました」。

実は五ヶ瀬ハイランドスキー場のCMが話題になった後、他のローカルのスキー場のCMもそれに追随した表現に――。左さん個人として、それがとても気になったという。「注目していただいたのはうれしいけれど、スキーのCM全般が面白い系やエロい系に走っているようにも感じました。その結果、クライアントのためになっていないように見えるCMもいくつかあったので、それらのCMに対するアンチテーゼを示したいという意識もありました」。

3年続いた南ちゃんシリーズ。これでついに完結となるのか?というストーリーの今回だが、ファンからはすでに続編を期待する声が寄せられている。


「五ヶ瀬ハイランドスキー場」に関連する記事はこちら
「電通九州」に関連する記事はこちら
「左俊幸さん」に関連する記事はこちら

スタッフリスト

企画制作
電通九州+ランニング
CD
植原政信
C+企画+演出
左俊幸+ランニング
AD
弦本喬
PR
白澤龍一
PM
新川昌明
PM+音楽
磯本宏史
PM+歌+NA
手島麻陽
撮影
古賀康隆
DIT+音声
百代典由
VE
川越康平
カメラ助手
安木寛剛
照明
山口一芳
照明チーフ
大森剛
ヘアメイク
平田昌子
キャスティング
池田誠
編集(オフライン)
花田恭佑
編集
園川励志
録音
岩下拓磨、森本真人
AE
岩佐圭剛
コーディネーター
廣本俊二(五ヶ瀬ハイランドスキー場支配人)
出演
南ちゃん:藤田可菜、雪ちゃん:花堂優奈、インストラクター:長田さん、西川さん(五ヶ瀬ハイランドスキー場)

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター

Follow Us