90年代の「男子部屋」を完全再現!六本木ヒルズに「ウイイレ部屋」が登場

share

発売20周年を迎える国民的サッカーゲーム 『ウイニングイレブン』が、周年キャンペーンの第1弾として、六本木ヒルズに無料のウイイレプレイスポットを3月10日オープンする。「ウイニングイレブン プレイヤーズハウス」と呼ばれるこのスペースの中には、90年代に男子(当時)が集まってゲームに熱中した「男子部屋」(や部室など)をイメージした「ウイイレ部屋」を完全再現。ウイイレに熱中していたあの頃に戻ってゲームが楽しめるという。

キャンペーンのターゲットは、当時ゲームに熱中していたが今は遠ざかっている、30~40代前半を中心とした大人たち。仕事が忙しかったり、奥さんや子どもに気を使って家庭内でゲームをしづらくなったなどの理由でゲームから遠ざかっていた“ウイイレOB”たちに向け、もう一度ゲームで遊ぼうと呼び掛ける。会社帰りにも立ち寄れるよう、23時までの営業となっている。

「ウイイレ部屋」は、当時を懐かしんでもらえるよう装飾にもこだわり、当時のサッカー雑誌やスター選手のポスター、サッカー漫画など、90年代に青春時代 を過ごした人であれば、懐かしいと感じる要素を盛り込んだ。会場のアテンドスタッフとして、男子顔負けのウイイレ巧者「ウイイレガールズ」も常駐する。担当広告会社は読売広告社


ウイニングイレブン プレイヤーズハウス
場所:六本木ヒルズ内『ヒルズカフェ』
日程:3月10日~3月13日
営業時間:11:00〜23:00 (10日のみ19:00~)


「六本木ヒルズ」に関連する記事はこちら
「読売広告社」に関連する記事はこちら