マジョリカ マジョルカの似顔絵ジェネレーター、生成回数は公開5日で120万回

share

資生堂は14日、コスメブランド「マジョリカ マジョルカ」のギフトサービスを開始した。サービスは、特設サイトで作成したオリジナルの似顔絵「マジョリ画」を同梱したギフトボックスを、友人に贈ったり、自分へのご褒美として購入できるというもの。

似顔絵を形づくるパーツは、日本を代表するイラストレーター・宇野亞喜良氏の手によるもの。総数100点以上のイラストを描き下ろした。

似顔絵を形づくるパーツは、日本を代表するイラストレーター・宇野亞喜良氏の手によるもの。宇野氏を起用した理由について、担当者は「かわいさだけでなく、そこに驚きがあったり、ちょっと毒っ気のあるマジョリカ マジョルカのブランドが持つ世界観と、宇野亞喜良さんが描かれてきた女性美がマッチすると考えたからです。また、1950年代から日本のデザイン、イラストレーションを牽引されてきた宇野さんならではのアナログな手法による繊細なタッチが、今回のようなジェネレーターコンテンツと組み合わさったとき、ターゲットであるデジタル世代の若い女性たちには新鮮に映るのでは、と考えました」と話す。

「マジョリ画」は、計4.4予 (4,439,495,401,425,400,000,000,000)※注1 通りもの組み合わせが可能な似顔絵ジェネレーター。イラストレーターの宇野亞喜良氏が描き下ろした似顔絵パーツを組み合わせ、「マジョリカ マジョルカ」のアイテムをモチーフとした「魔法のエッセンス」でメイクを施すことで完成する。

※注1 「億(10の8乗)」「兆(10の12乗)」「京(10の16乗)」「垓(10の20乗)」に次いで、「予(じょ)」は10の24乗を表す。

写真をアップロードするか、あるいは一つひとつパーツを選んで組み合わせ、ギフトを贈る相手や自分の似顔絵をつくる。顔のパーツのみならず、メイクやアクセサリー、フレーム・背景なども組み合わせてオリジナルの画像を作成できる。友人などと2人で並んだ「マジョリ画」をつくることもできる。

作成した似顔絵は、無料でダウンロードしFacebook・Twitter・LINEでシェアできるほか、似顔絵に使用した「魔法のエッセンス」をセットにしたギフトボックスを資生堂オンラインショップ「ワタシプラス」で購入すると、似顔絵カードとして同梱される。サービスコンセプトは「あげたいのは、私の思う”かわいいあなた”。もらったのは、私の知らない”かわいいわたし”」。ギフトシーンならではの特別感とオリジナリティを演出している。

クリエイティブスーパーバイザーとして、Web動画「High School Girl? メーク女子高生のヒミツ」でカンヌライオンズ2016のフィルム部門・フィルムクラフト部門ゴールドを受賞した、資生堂の小助川雅人氏が参画した。

似顔絵に使った「マジョリカ マジョルカ」アイテムをセットにしたギフトボックスを贈ることができる。

似顔絵が生成された回数は、公開から5日間で累計120万回を超えている。サービスは、12月31日まで提供する予定。

企画制作
電通+電通デジタル+TOW+面白法人カヤック+太陽企画
CD+企画
クドウナオヤ
ストラテジックプランナー
菅野絵礼奈
AD
志田成美、市川葵
PRプランナー
新井健太
PR
伊勢亜祐子、堀淳子、木部喬、清野晶子
Webディレクター
出沼翔太、星野陽
PM
金瀬侑也、田中利奈、石川達哉、折原勇一
TD
天野清行
D
横山千裕、有吉佳織
ME
中山祐平、國分友美子、佐野友希子
PRG
杉山慎誠、森豪基
C
山口真吾
テストエンジニア
内藤義明
パーツデザイナー
松坂優大、重松延寿
映像制作
小畑瑞輝、鈴木智宏、合田智彦、鈴木イヴゲニ、堤裕介、辰巳茜璃
AE
佐久間宏樹、宮川洋平、埋橋奈緒
クリエーティブスーパーバイザー
小助川雅人、成田久
ギフトボックスデザイン
松石翠、徳久綾美
コピー監修
田中翔子
I
宇野亞喜良

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター


「面白法人カヤック」に関連する記事はこちら

Follow Us