#02 バズの誤解 –そのシェアボタンが押されるよりも大事なこと–

「これ見てシェア」の発動条件

まず、人がスマホで見せているものを(勝手に想像で)ランキング化しました。

i_ad0907-4

写真に比べて、数分の映像はちょっと見せにくい。
こう並べると、コンテンツ力と消費時間に、こんな相関がありそうです。

 

 

例えば一目でわかる、ものすごく面白い画像は、消費時間が短くコンテンツ力が高いので、即シェアされる。逆に企業発のウェブ動画などは、尺が長い割にコンテンツ力がそこまで高くない、ということが多々ありますが、その場で早く盛り上がる話をしたいユーザーにとって、「これ見て」ハードルはかなり高い。

具体的な事例として、どんなコンテンツが「これ見て」されているのか。1つは海外、もう2つは僕が属するチームで制作協力させて頂いたものから、3つご紹介します。

 

 

《case1.青と黒のドレス》

 

こちらは、21世紀に最も「これ見て」された画像かもしれません。一枚で一瞬で伝わること、そして閲覧者を2つの派閥に分け、議論を巻き起こす力が圧倒的であったことが拡散のポイントです。

《case2.リリカルスクール / RUN and RUN》

RUN and RUN / lyrical school 【MV for Smartphone】
from RUNandRUN_lyrisch on Vimeo.

 

これは約3分48秒の映像で、本来であれば「これ見て」しにくい長尺コンテンツですが、徹底してスマホ閲覧時の驚きを最大化し、かつ、間髪入れず何度も驚きの波を作ったことによって、たくさんの「これ見て」を生み出しました。

《case3.ハーゲンハート》

 

「これ見て」発動条件が顕著に反映された事例がこちらです。

実はこの写真のように、ハーゲンダッツには稀に、フタを開けるとハートが出現するという現象があります。これは元々ユーザーが自発的に発見してくれて、楽しんでくれていたのですが、その盛り上がりを受けて、ハーゲンダッツが公式にこの現象を「ハーゲンハート」と命名し、様々な形の出現確率を調査したり、名前をつけてサイトに集約したことで、拡散は加速。

この情報は、様々なニュースメディアで取り上げられましたが、それ以上に爆発的に拡散が加速したのは、あるユーザーがTwitterに投稿したこの画像がきっかけでした。

hd0907

 

閲覧に数分かかるウェブサイトの情報を、一目でわかるこの3枚の画像に凝縮した1投稿が、単発で11万RT、20万fav以上を記録。これぞ、「これ見て」を喚起する、”人をメディア化するための最適な素材”であったと言えます。

では、そんな素材は、どうすれば作れるのか。

次ページ 「「これ見て」素材づくりのポイント」へ続く

前のページ 次のページ
1 2 3
栗林和明(TBWA\HAKUHODO Buzz Machine)
栗林和明(TBWA\HAKUHODO Buzz Machine)

1987年生まれ。上智大学経営学科卒業。専門は「バズ」。 話題の“量”、“質”、そして“精度”を高める。 過去100社以上のソーシャルメディアマーケティング、 インタラクティブプロモーション施策を担当し、直近2年で獲得映像再生数は8500万回超。主な担当作品は縦型スマホジャックMV「RUN and RUN」、日産自動車「Intelligent Parking Chair」「#猫バンバン」、オーストラリア政府観光局「GIGA Selfie」、AKB48「LOVE TRIP」MV、「COGY」ブランドムービー、サントリー「忍者女子高生」、など。 カンヌライオンズ Gold、BOVAオンライン動画コンテスト Grand Prix、メディア芸術祭審査員特別賞、電通賞最優秀賞、ACC Silverなど
https://www.facebook.com/kazuaki.kuribayashi

栗林和明(TBWA\HAKUHODO Buzz Machine)

1987年生まれ。上智大学経営学科卒業。専門は「バズ」。 話題の“量”、“質”、そして“精度”を高める。 過去100社以上のソーシャルメディアマーケティング、 インタラクティブプロモーション施策を担当し、直近2年で獲得映像再生数は8500万回超。主な担当作品は縦型スマホジャックMV「RUN and RUN」、日産自動車「Intelligent Parking Chair」「#猫バンバン」、オーストラリア政府観光局「GIGA Selfie」、AKB48「LOVE TRIP」MV、「COGY」ブランドムービー、サントリー「忍者女子高生」、など。 カンヌライオンズ Gold、BOVAオンライン動画コンテスト Grand Prix、メディア芸術祭審査員特別賞、電通賞最優秀賞、ACC Silverなど
https://www.facebook.com/kazuaki.kuribayashi

この記事の感想を
教えて下さい。
この記事の感想を教えて下さい。

このコラムを読んだ方におススメのコラム