【速報】コミュニケーション視点で読み解く、米・大統領選――データビジュアライゼーション篇

share

az_profile_pic

カーツメディアワークス・取締役 アレックス・ザバヴァ

フランス・パリ出身。カーツメディアワークスのグローバル戦略責任者として国内・海外向けの広報戦略や、クリエイティブコンテンツの企画・ディレクションを担当。中でも、早期からビジュアルコミュニケーションに興味を持ち、企業の広報や編集企画においてインフォグラフィックス及びデータビジュアライゼーションを活用。

 

開票結果を速報、「データビジュアライゼーション」注目メディア

米国内外の主要メディアがこぞって開票結果を速報する「2016年アメリカ大統領選挙」。その速報の仕方にも、データビジュアライゼーションの工夫が見られる。インフォグラフィック、データビジュアライゼーションの専門家に聞いた、注目のデータビジュアライゼーション事例とは。カーツメディアワークスのアレックス・ザバヴァ氏に聞いた。

今回の米国・大統領選挙においては、過去よりも多くのメディア企業がデータビジュアイゼーションに挑戦し、リアルタイムに選挙の結果を更新しています。

そんな中、データジャーナリズムのパイオニア的な存在であったニューヨーク・タイムズは今回も、優れたデータの見せ方をしており、州単位及び、郡単位で選挙の結果をインタラクティブに表現しています。さらに、当選結果の確率を常時更新する他、過去の選挙結果も加味したビジュアルでデータを網羅的に見せており、モバイルデバイスにも対応しています。

その他、Politicoなども大変理解しやすいデータビジュアライゼーションを活用しており、特筆すべきです。


【「米・大統領選」 関連記事】
メディアの注目を集め続ける術に長けていたトランプ氏(鶴野 充茂 氏)
米国民が共有してきた「普遍的な真実」は消滅した(岡本 純子 氏)
人の心を動かした、感情とシンプルな言葉(永井 千佳 氏)
メディアが本当の世論を読みとりきれていなかった(境 治 氏)
デジタルデバイスの深化が結果予測を誤らせた?(江端 浩人 氏)
美辞麗句より、「感情」に訴える言葉が響いた(片岡 英彦 氏)
大手メディアの事前予想が大きく外れた(徳力 基彦 氏)

Follow Us