【速報】コミュニケーション視点で読み解く、米・大統領選――識者はこう見る!(片岡 英彦 氏)

share

kataoka

片岡 英彦 氏(東京片岡英彦事務所 代表/東北芸術工科大学 企画構想学科 准教授・広報部長)

 

美辞麗句より、「感情」に訴える言葉が響いた

――歴史的な接戦を繰り広げた、2016年米国大統領選挙。トランプ氏を勝利に導いたものは何か。広報、コミュニケーションの視点から専門家が読み解く。

トランプ氏の勝因は、「国民にとって分かりやすい言葉」でコミュニケーションを取り続けたこと。欧米流の民主主義の普遍的な価値を訴える「美辞麗句」よりも、移民への攻撃的発言などを通して、より有権者の「感情」に訴え続けたことで、事前調査には決して現れない「暗数」としての支持票が流れたのだろう。米国人にとって「自国の国益」とは何かを一から考え直す時がきた。

一方で、トランプ氏の政策で実現可能な政策は少ない。日本などへの直接的な影響はそれほど大きくないと考える。


【「米・大統領選」 関連記事】
開票結果を速報、「データビジュアライゼーション」注目メディア(アレックス・ザバヴァ 氏)
メディアの注目を集め続ける術に長けていたトランプ氏(鶴野 充茂 氏)
米国民が共有してきた「普遍的な真実」は消滅した(岡本 純子 氏)
人の心を動かした、感情とシンプルな言葉(永井 千佳 氏)
メディアが本当の世論を読みとりきれていなかった(境 治 氏)
デジタルデバイスの深化が結果予測を誤らせた?(江端 浩人 氏)
大手メディアの事前予想が大きく外れた(徳力 基彦 氏)

Follow Us