一晩で10のコラボアイデアが誕生! — 70名超のマーケターが一堂に会し、ディスカッションを開催

share

社内にはないフィードバックが得られる場

ディスカッションの終了後には席替えをし、参加者同士がさらに交流を深めた。初対面とは思えないほど、会話の盛り上がるのもコミュニケーション力の高いマーケターの集まりだからこそ。約2時間半にわたる会の締めの挨拶には、ドミノ・ピザ 執行役員CMOの富永朋信氏が登壇。

富永氏は「マーケターにとって、いま自分が行っている活動に対して、マーケティング視点に立ってニュートラルかつ、フェアなフィードバックを得られる機会はとても重要。社外にマーケターのネットワークを持つことが必要になるが、『JAPAN CMO CLUB』はまさに、それを実現してくれる、貴重な場」と話した。

今回の「Year-end Networking Day 2016」の場では、昨年以上に多くのブランドコラボのアイデアが生まれていた。2017年、「JAPAN CMO CLUB」発で、これまでにない企業同士のコラボ企画が実現しそうだ。

ディスカッション中のテーブルには、「マンガデザイン」という新しいコミュニケーション手段を手掛ける、マンガデザイナーズラボの漫画家が1名ずつ着席。議論をしている合間に参加者のポートレートを描き、帰りにはお土産としてプレゼントされた。
cmo0123

年に6回程度開催の研究会の他、不定期で参加企業を互いに訪問しあう、分科会も実施している「JAPAN CMO CLUB」。参加者同士が、プライベートでも親しくしているケースも増えており、終始打ち解けた雰囲気で進行。特製ダルマと一緒に参加者全員で記念撮影を行い、会はお開きに。

cmo_banner1222

JAPAN CMO CLUB
https://www.advertimes.com/special/cmoclub/

Follow Us