広瀬すずが「すずネコ」になって登場、チャルメラのイメージが一変した理由

share

明星食品は、51年目を迎えるチャルメラのブランドコミュニケーションを刷新すべく、「チャルメラおじさん」を中心に据えた広告展開だけでなく、陰に隠れていた「くろネコ」に焦点を当てたコミュニケーションを開始した。広瀬すずが扮する「すずネコ」をコミュニケーションのシンボルに、テレビCMやパッケージのデザインを新たに制作した。

「バリカタにゃ~篇」

昨年のチャルメラ50周年のテーマは「NO CHANGE」だった。そんな中で、今回は大きくブランドコミュニケーションのコンセプトに変化を加えたのはなぜか。

昨年9月からチャルメラのブランドマネージャーに着任した平田寿光さんは、「本当にこのままでいいのかと思い、改めてブランドに関する調査を実施した。すると、主力ユーザーの高齢化が明らかになり、若年層にアプローチできていないことがわかった。そこで新しい層へのコミュニケーションを模索し始めた」と話す。その中で、じっくりパッケージを見直してみると「くろネコ」の存在に気がついた。それが今回、シンボル刷新のきっかけとなった。

また、コミュニケーションの設計に関しては、若年層にブランドを認知してもらえていない現状の中で、テレビCMを通じて多くの情報を伝えることは不可能だと考えた。制作の中で特に意識したのは、伝えたいメッセージをとにかく絞って、演者のよさを生かしてストレートに表現することだった。

その結果、CMの中では広瀬すずさんのかわいらしさを最大限に引き出しつつ、(「ちゃるめにゃ~篇」)、「チャルメラ」と「バリカタ(50周年の際に発売した新インスタントラーメン)」のイメージを視聴者の記憶に残せるように仕上げた。

ちゃるめにゃ~篇

今回はテレビCMだけではリーチできない層へのWeb拡散も重要なポイントと考え、「CM発表会」を通じて広くメディア獲得を図った。また、店頭でのコミュニケーションでは、パッケージにもすずネコのビジュアルをいれるなど、オンライン・オフラインを連動させた。

これから100年愛されるブランド化に向けて、51年目を新たなスタートに設定し、より広い層にブランドを知ってもらえるように、“チャルメラ”ブランドの存在を消費者に気づいてもらい、これからも支持されるブランドでありつづけるためのコミュニケーションに取り組んでいく。

STAFF

企画制作
博報堂+アドソルト+東北新社
CD
青木孝博
企画+AD
中島淳志
AD
阿部哲、安田江里
PR
井上淳、鈴木雅昭
PM
井坂駿平
演出
朝日恵里
撮影
岡林昭宏
照明
中村裕樹
美術
枝広淳良
ST
宇都宮いく子
HM
砂崎博美
クッキング
山崎慎也
AE
斉藤秀樹、太田研、田中裕司、石川恵美
出演
広瀬すず

ecd:エグゼクティブクリエイティブディレクター/cd:クリエイティブディレクター/ad:アートディレクター/企画:プランナー/c:コピーライター/d:デザイナー/演出:ディレクター/td:テクニカルディレクター/flash:flash制作/me:マークアップ・エンジニア/pgr:プログラマー/epr:エグゼクティブプロデューサー/pr:プロデューサー/pm:プロダクションマネージャー/ap:アカウントプランナー/ma:録音/st:スタイリスト/hm:ヘアメイク/crd:コーディネーター/i:イラストレーター/cas:キャスティング/ae:アカウントエグゼクティブ(営業)/na:ナレーター


「明星食品」に関連する記事はこちら

Follow Us