デザイン部門、メディア部門、プロダクトデザイン部門 受賞速報 — カンヌライオンズ2017レポート

share

開催中のカンヌライオンズ2017にて、デザイン部門、メディア部門、プロダクトデザイン部門の結果が6月21日に発表された。

日本勢では、デザイン部門で広告電通賞「THE STUDY OF HUMAN BEING」(電通)がシルバーとブロンズを受賞、アマゾンジャパン「AMAZON FASHION WEEK TOKYO 2017 S/S OPENING ACT」(マッキャンエリクソン)がシルバーを受賞、RC CORP. FRANCE- JAPON「THE WASHI LINGERIE POSTER」(博報堂)、ソニー「MOTION SONIC PROJECT」(電通)、小松ばね工業、浅井製作所、新栄工業、坂本製作所、五光発條、岩佐歯車製作所、由紀精密「INDUSTRIAL JP」(電通)がブロンズを受賞と、6つのライオンを獲得した。

また、メディア部門ではロッテ「MR. SNIFF」(電通)がブロンズを受賞、プロダクトデザイン部門ではTESS「COGY WHEELCHAIR」(TBWA/HAKUHODO、TESS、東北大学)がブロンズを受賞した。

各部門のグランプリは以下の通り。

デザイン部門

GRAND PRIX
AP (THAILAND) PUBLIC COMPANY LIMITED.
「THE UNUSUAL FOOTBALL FIELD」
AP THAILAND, Bangkok / CJ WORX, Bangkok
 

 

メディア部門

GRAND PRIX
JET.COM
「INNOVATING SAVING」
R/GA, New York

 

プロダクトデザイン部門

GRAND PRIX
TIGO-UNE
「PAYPHONE BANK」
GREY COLOMBIA, Bogotá

 

【毎年満員御礼!】8月23日(水)カンヌセミナー2017 受講生募集中!
東京・表参道 ※全国7箇所同時中継実施 
カンヌライオンズの厳選された優良事例を「アイデア」「インサイト」「成功要因」に分解・血肉化する。

「現地に行けなかったが、審査員の生の話が聞けて有意義だった」「一歩踏み込んだ話が聞けて学びになった」と、ご満足いただいています!
▼詳細は下記から
http://www.sendenkaigi.com/class/detail/latest_cannes.php

Follow Us