57年に渡りSUBARUの宣伝・販促をサポート。クライアント直で培ったチーム力とは

share

クリエイティブカンパニー「フェロールーム」が誕生したのは1960年のこと。創業のきっかけは、58年に車を初めて発売した自動車メーカー SUBARU( 当時、富士重工業)から「車のPR誌を手伝ってくれないか」と相談をされたこと。以来、同社はSUBARU と共に、さまざまなクリエイティブの制作に挑戦してきた。

左から明神正樹さん、栗林洋平さん、佐藤未歩さん、高橋正之さん。

SUBARUと共に成長してきた57年

創業以来、自動車メーカー SUBARUとの関係を深めてきたフェロールームは、案件のかなりの割合がSUBARUグループの仕事。PR誌の制作からはじまり、その後は販促プロモーション、自動車カタログ、そしてWebや動画の制作、モーターショーの展示と、同社はSUBARUの事業・コミュニケーション領域の拡大に対応することで、会社として成長してきた。創業から57年目を迎え、ハウスエージェンシーではなく、また広告会社を挟まずに“クライアント直”で仕事をしているという点で、フェロールームは広告界においてユニークな存在になっている。

スバルPR誌 カートピア
創業のきっかけとなったPR誌

スバル 車両カタログ

SUBARUと“二人三脚”のような形で成長してきたフェロールームの強みは、SUBARU ブランドと商品に対する圧倒的な知識の深さだ。「クライアントを広げたほうがいいのではないかと考えた時期もありましたが、SUBARUさんと長年仕事をしてきた中で築いたブランドと商品に対する理解と知識は当社ならではの強みです。

そのため、クライアントを広げるのではなく、培った知識を活かし、そこに新たな手法を組み合わせることで仕事の幅を広げていくという選択をしました」と、フェロールームのストラテジックプランナー 高橋正之さんは話す。浅く広くではなく、一点突破で深く掘るスタイルを選んだフェロールームは、クライアントは絞りながらもクリエイティブの技術と表現を掘り下げてきた。いまでは企画の上流から参加し、SUBARUのスタッフをあらゆる方面からサポートすべく全社で取り組んでいる。

次ページ 「「知識」「デザイン」という強みに 「テクノロジー」を組み合わせる」へ続く



お問い合わせ先
フェロールーム株式会社
東京都新宿区四谷3丁目12番地フロンティア四谷4F
TEL:03-3355-7110
Email:info@fellowroom.co.jp
http://www.fellowroom.co.jp/

Follow Us