アレンジレシピ配信で、20~30代主婦の購入意向が上昇 味の素「クノール® ふんわりたまごスープ」の動画活用プロモーション

share

20~30代女性の2人に1人以上(※)が利用している「Ameba」がリリースした業種特化型の動画広告フォーマット「AVA Style(Ameba Video Ad Style)」。この動画広告を味の素が活用し、新規顧客の開拓に取り組んだ。

制作したのは「クノール® ふんわりたまごスープ」のアレンジレシピ動画で、広告配信後の商品認知、好意、購買意欲の指標は全て向上し、商品購買などの実行動にもつながった。

この施策について、味の素食品事業本部 家庭用事業部 加工食品グループの松永 太輔氏、髙瀬 瞳氏と施策の企画・実行を支援したサイバーエージェント メディア事業広告部門 局長の水口舞衣氏に聞いた。
Nielsen Mobile NetView(2017年3月データ)

写真左からサイバーエージェント メディア事業広告部門 局長 水口舞衣氏
味の素 食品事業本部 家庭用事業部 加工食品グループ マネージャー 松永 太輔氏
味の素 食品事業本部 家庭用事業部 加工食品グループ 髙瀬 瞳氏

—今回、動画広告、レシピ動画を活用した背景にあるマーケティング戦略とは何でしょう。

味の素 食品事業本部 家庭用事業部
加工食品グループ マネージャー
松永 太輔氏

松永:「クノール® ふんわりたまごスープ」はこれまで、シニア層の方たちが昼食に召し上がっていただくという使用シーンの多い商品でしたが、お湯を入れるだけで、具沢山なスープを手軽に楽しめる商品特性は、もっと広い世代、例えば忙しい20~30代の有職主婦の方などにも受け入れていただけるのではないか、との考えで、動画を活用したプロモーションに挑戦することにしました。

高瀬:「ふんわりたまごスープ」でアレンジメニューのレシピ動画を制作・配信するのは今回が初めてでしたが、お湯をかけるとたまごがふわっと広がり、とてもシズル感のある絵になりました。制作してから動画と非常に相性の良い商品だったと気づきました。

松永: 今回、制作したのは「たたききゅうりのスープかけごはん ガーリック風味」のレシピ動画。主婦の方たちは、あまりに手抜きすることに罪悪感を抱かれる方も少なくありません。「ふんわりたまごスープ」をひとつの食材として使った、新メニュー提案をしたのは、手軽でありながら見栄えもよく、栄養のあるものを家族に食べさせたいという今回の動画のターゲット世代の女性たちのインサイトを考えてのことです。

次ページ 「クリエイティブ面だけでなく、配信についても工夫が」へ続く


お問い合わせ
株式会社サイバーエージェント
メディア事業 広告部門

TEL.03-5459-0513
Email. ameba_ad_pub@cyberagent.co.jp
URL. https://ameba-ad-pr.amebaownd.com/

Follow Us