2017年 広告賞を最も受賞した広告は何だったのか?(国内編、海外編)

share

ブレーン編集部では、2017年に発表された国内外の広告賞の結果から独自に「2017年国内外広告賞 ベストオブベストランキング」を選出。今年最も広告賞を受賞した日本の広告は何だったのか?(本記事は、ブレーン1月号の特集記事の一部を再編集したものです)

2017年広告賞ベストオブベスト(国内)

1位 赤城乳業 ガリガリ君 「値上げ」
2位 大塚製薬 オロナミンC「20年分のありがとう新聞」
2位 大日本除虫菊 蚊がいなくなるスプレーほか「金鳥少年シリーズ」
4位 江崎グリコ「GLICODE」
4位 大塚製薬 カロリーメイト「夢の背中」篇
6位 BEAMS「TOKYO CULTURE STORY」
7位 ヤフー「防災は、想像から。」
8位 近畿大学「早慶近」
8位 九州全県・山口県・沖縄県 九州・山口 ワーク・ライフ・バランス推進キャンペーン「知事が妊婦に」
8位 有楽製菓 ブラックサンダー「黒いイナズマ」シリーズ

2017年に結果発表された国内広告賞の中から、TCC賞/2017 57th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS/ADC賞/広告電通賞/OCC賞/FCC賞/交通広告グランプリ/新聞広告賞/日本雑誌広告賞/朝日広告賞/毎日広告デザイン賞/読売広告大賞/日経広告賞/コードアワード/BOVAの受賞作(ブロンズ相当以上)をピックアップし、スコア化。

最も国内で広告賞を獲ったのはガリガリ君の「値上げ」CM

ベストオブベストの国内1位は、赤城乳業の「値上げ」テレビCM。ガリガリ君の価格を60円から70円に10円値上げすることを、社長筆頭に社員らが“お詫び”するCMだ。2017年のTCCグランプリほか、OCC賞、広告電通賞などを受賞した。


2位は、大塚製薬 オロナミンC「20年分のありがとう新聞」と、大日本除虫菊 蚊がいなくなるスプレーほか「金鳥少年シリーズ」ラジオCMが横並びでランクイン。

「20年分のありがとう新聞」は、成人の日に、新成人の父母にサプライズで新聞を配達したキャンペーン。20年前の誕生日に発行された朝日新聞1面に、新成人の赤ちゃんの頃の写真を掲載し、裏面には父母やお世話になった人への手書きの感謝のメッセージを印刷したものを届けた。

「金鳥少年シリーズ」は2016年に始まったラジオCMシリーズで、中学生の「高山さん」と、高山さんに恋する同級生の「大沢くん」の甘酸っぱい青春を描いたシリーズ。ラジオCMながら、ネット上でも話題になっている。ACCのラジオCM部門で2年連続グランプリを受賞した。


4位は、江崎グリコの「GLICODE」と、大塚製薬 カロリーメイトのテレビCM「夢の背中」篇が並んだ。

「GLICODE」は、無料アプリのプログラミング教材。ポッキーなどグリコのお菓子をコードとして並べてカメラモードで読み込むと、アプリ上でプログラムが実行される。2016年夏にリリース以来国内外の反響は大きく、2017年8月から仕様を一新し、英語版の提供もスタートしている。


大塚製薬 カロリーメイトのテレビCM「夢の背中」篇は、これまでも満島ひかりさんが出演したCMや、美大生の手による黒板アートCMで話題を呼んできた、受験生向けCM。受験生役を村上虹郎さん、母親役を神野三鈴さんが演じ、レミオロメンのボーカル藤巻亮太さんが『3月9日』をCM用にセルフカバーした。受験生を見守る母の強さと愛を描いた。

次ページ 「2017年広告賞ベストオブベスト(海外)」へ続く

Follow Us