コラム

#石井リナのゆとりですがなにか

YouTuberカズ × Vloggerドリキン × 石井リナ対談「芸能人がYouTubeに参入しても、ライバルではない」

share

こんにちは、石井リナです。

前回に続き、120万チャンネル登録数を誇る、YouTubeカズチャンネルのカズさんと、サンフランシスコ在住のTech系Vloggerのドリキンさんをお招きしてお送りします。

彼らがYouTubeを始めたきっかけや、フォロワーの増え方、YouTuberに必要な素質などについてはこちらの記事をご覧ください。

(左)ドリキンさん (右)カズさん

芸能人もYouTuberのファンになる

石井リナ:先日の飲み会では、ドリキンさんのファンだと、ある大物アーティストの方もいらっしゃいましたよね。

他にも、釣りYouTuberで有名な、「釣りよかでしょう。」さんのファンだと音楽家の葉加瀬太郎さんが会いにいかれたり…。芸能人の方がYouTuberのファンだというのも結構あるんですか?

カズ:結構声かけてもらうことも多いね、嬉しいことに。こないだは、日本でも有名な映画監督から「YouTubeみてます」ってTwitterのダイレクトメッセージもらったり。よくプロの人たちがこんな動画みるなって!(笑)

ドリキン:僕もこないだYouTube LIVEを2時間やったあとに、アーティストの方から「見てました」ってすぐに連絡もらいました。変なこと言わなくてよかったなって(笑)。

石井リナ:それぞれテレビを通して、YouTubeを通して、ファンなわけじゃないですか。テレビに出るだけが憧れの対象ではないということを象徴しているし、パラダイムシフトが面白いなと思ったんです。

あと、松本人志さんもTwitterで「若者だけでなく、作り手側もテレビ離れがある」って言及してましたよね。カズさんやドリキンさんのようなYouTuberの方たちを、プロの方たちが、楽しんで見ているのも、きっとYouTubeならではの面白さがあるからですよね。

カズ:正直テレビはコンプライアンスが厳しすぎるからね。面白いものつくりたいってなったら、やっぱりある程度、自由にできる場所を選びたいってなってきてるんだと思う。

ドリキン:今や芸能人も裏の裏側まで知られる世界だし、みんなもそれに慣れてしまっているから、作られた世界に対して面白さを感じにくくなってるんじゃないかなと。YouTuberが支持されるのも人間味にあるわけだしね。

石井リナ:生っぽさ、リアルさを求めているし、そこに共感していくってことですよね。

次ページ 「「芸能人がYouTubeを始めても、ライバルではない」」へ続く

Follow Us