コラム

#石井リナのゆとりですがなにか

YouTuberカズ × Vloggerドリキン × 石井リナ対談「芸能人がYouTubeに参入しても、ライバルではない」

share

「芸能人がYouTubeを始めても、ライバルではない」

ドリキン:最近芸能人もYouTubeを始めてるじゃないですか。それはカズさんにとって問題はない?

カズ:全然!むしろラッキーやね。芸能人がYouTubeを始めるから、YouTuberは終わりだ、みたいな記事があったんだけど、何を言ってるんだって。

石井リナ:それは市場が大きくなるという意味でラッキーだということ?

カズ:芸能人たちがYouTubeを始めても、なかなか伸び悩んでいる現状もあるしね。これはチャンネル登録数とか再生数とか見てもらったら分かるかも。あと、僕たちにとってあんまりライバルっていう意識はないし、YouTubeを見てくれる人が増えるなら、問題ないよね。

石井リナ:芸能人でもYouTubeで上手くいくとは限らないってことですよね。

カズ:そうだね。有名だから、アップしておけば、見られるだろうみたいな勘違いは1番ダメ。あとは編集もそうだけどYouTubeっぽさが重要だからね。

レビュー動画でのタイアップは説得力に欠ける?

石井リナ:そしたら企業がYouTubeを運営するのは、尚難しいですよね。

ドリキン:絶対YouTubeが好きで見てる人がやらないとダメ。リスナーと運営側が乖離しているって、こないだニコニコ動画でも話題になったじゃないですか。YouTubeも一緒で、好きな人が作らないと絶対乖離が出てくるなと思いますね。

ドリキン:あとは、YouTuberにガチガチにレビューをさせるっていうのも、難しいんですよ。いくら動画でApple Watch「いいですよ」ってレコメンドしたところで、翌日あがる動画で使われてないと、リスナーさんたちはすぐ気づきますよね。

だったら、レビューさせないでも、毎日使っていて、ちらっとでも写り込んでいるほうが説得力もあります。そういうことを分かってくれている企業だといいですけどね…。

石井リナ:確かに、フォロワーの方とも長い付き合いなだけに、長期的に見られていくってことですよね。

カズ:そうそう。まあでも、最近は企業もYouTuberに対して理解が出てきたところは増えてきたとは思うね。

次ページ 「企業とYouTuber、それぞれの指標」へ続く

Follow Us