インターナルブランディングで社員の行動を変え、経営戦略を実行する

share

11月27日、東京都内で「インターナルコミュニケーションフォーラム」が開かれ、「“らしさ” を体現するインターナルブランディング」をテーマに3社の事例が紹介された。

プログラム

第1部
基調対談
マッキャンエリクソン ニック・アシュレイ氏
産業編集センター 相山大輔氏

第2部
「ANA’s Way推進」への取り組み
全日本空輸 高野弘樹氏

第3部
組織の実行力に直結! マクロミルのインターナルコミュニケーション
マクロミル 中野 崇氏

第4部
14万人の実行を生み出すインナーコミュニケーション
日本マクドナルド 高宮次郎氏


マッキャンエリクソン ニック・アシュレイ氏

第1部では、マッキャンエリクソン シニア・プランニング・ディレクターのニック・アシュレイ氏と産業編集センターはたらくよろこび研究所 企画制作部 部長の相山大輔氏が基調対談を行った。

2005年から国内外の企業向けにブランドコンサルティングを手がけてきたニック氏は、冒頭でブランディングの「真実」について解説。
1 リアルで具体的な価値を付与する
2 ブランド力の強い会社はより高い実績を出している
3 短期的な売上にも貢献する
4 一度に完璧にするのではなく、時間をかけて形成するもの
5 広告宣伝だけではなく、存在意義に基づく、すべての社内向けコミュニケーションを結びつけるもの
──の5つを挙げた。

産業編集センター 相山大輔氏

さらに「社外向けの戦略を考えても、社員に『その会社らしさ』が共有されていなければブランディングは実現できない」として、インターナルコミュニケーションの大切さを訴えた。例えば2017年10月にマッキャン・ワールドグループが行った全世界の社員を巻き込む体験型の調査イベント「TRUTH ABOUT STREET」は、会社の存在意義を改めて感じてもらうための取り組みとして成功したという。

さらに、数多くの会社の社内報制作などに携わってきた相山氏は、インターナルブランディングにおける広報の重要性について言及。「広報はただの『お知らせ係』ではなく、社員の態度や行動を変える役割を担うようになっている。今まで通りのやり方では通用しない」と呼びかけた。

次ページ 「社員の想いを形にした行動指針」へ続く


お問い合わせ
株式会社産業編集センター
http://www.shc.co.jp/ 〒112-0011 東京都文京区千石4-39-17
E-mail:aiyama@shc.jp(担当 相山)

Follow Us